いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

*

バーベキュー初心者の必需品、火おこしや後片付けの仕方は?

   

バーベキュー
アウトドアの定番、バーベキュー。

でも、いざやろうと思っても、
初めてだと何を準備したらいいかわからなかったり、
そもそもやり方がわからなかったり・・・。

そこで、バーベキュー初心者でも、
これを持っていけば大丈夫!というものをまとめました。

また、初心者でも簡単にできる火の起こし方や
後片付けのコツも紹介します

スポンサードリンク

バーベキュー初心者の必需品

肉や野菜など、食材はもちろんですが、
これは絶対あった方がいいというものを紹介します。

◆必需品

・バーベキューコンロ
ステンレス製がオススメ。
鉄製は錆びることがあります。

・焼き網
コンロに大抵付属してます。

・鉄板
コンロに付属していない場合です。肉以外に野菜や焼きそばを焼いたり、あると便利。

・ライターかマッチ
チャッカマンがいいですよ。

・うちわ
火おこしに使います。

・トング
焼いた肉などをつかみます。

・軍手
ないと熱いです。

・サラダ油
鉄板調理でつかったり、網に塗ったり。

・新聞紙
火おこしに使ったり、後片付けの時、汚れをふいたり
レジャーシートの代わりなど色々使えます。

・ゴミ袋
45~70リットルくらいで。

・濡れタオル
おしぼりやハンドタオルを濡らして、ポリ袋に入れて、
クーラーボックスに入れていきます。

・水
手を洗うためのもので、水道がそばにあればいりません。

・テーブル
折りたたみできるもの。

・包丁・まな板
現場で調理する場合。
あらかじめ、野菜を切ったり下ごしらえしていけば、
時短になります。

・皿
紙皿は風で飛んだり、ひっくり返りやすくて大惨事になりやすいので、
プラスチックや金属製がおすすめ。

・プラコップ
紙コップはすぐへにょへにょになります。
ポリエチレン製ではなく、もうちょっと丈夫なプラカップが
持ちやすくて良いです。

・割り箸
生肉用に分けて使ったり、多めにあると色々便利。

・クーラーボックスか発泡スチロールの箱
飲み物や食材を冷やします。

・着火剤
初心者は固形が良いです。
ジェルや液体のものは急に燃え上がったりするので危険です。

・火ばさみ
炭を触るときに必要です。

・絆創膏
子供はすぐに転びます。

 

◆あったら便利なもの

・レジャーシート
座るのはもちろん、持ち物を広げたりできます。

・いす
折りたたみのもの。

・電池式の小さい扇風機
100円ショップにあるようなもので十分。
火おこしの時、絶大な威力を発揮してくれます。

・トイレットペーパー
汚れを拭いたり、トイレにトイレットペーパーが無いときに
あってよかったと思います。

・虫除けスプレー

・アルミホイル
食材を包んで蒸し焼きにしたり、残った物を持って帰る時に便利です。
くしゃくしゃと丸めて、網や鉄板をこすると結構汚れが落ちるんです。

・タープ
日除けや急な雨の時に役立ちます。

・火消し壺
燃え残った炭を入れて、安全に持ち帰ることができます。

・トーチバーナー
カセットコンロ用のガスが使えて便利です。
火おこしの時間がかなり短縮されます。

・小さいフライパン
細かい野菜を炒めたり、タレを温めたり。

・塩コショウ
タレばかりでは飽きるので・・・。

 

◆その他

ゴミ袋は、ゴミだけでなく、汚れた食器や鉄板、網などを
とりあえず入れて持って帰るのにも便利です。

他にも、雨の時に濡れて困るものを入れておくとか、
首を通す穴を開けてカッパ代わりにするとか、
使い道はいっぱいです。

暑い時期は、ついサンダルを履きたくなりますが、
足場が悪い場合が多いうえに、
炭がはぜて火の粉が飛んでくることもあって危険です。
何故か、足元を狙ってものが落ちてきたりもします。

お気に入りの服も飛んできた火の粉のせいで、
一瞬で穴が空くことがあって泣けるので、
避けたほうが無難です。

クーラーボックスによっては、保冷能力が低いものもあります。
発泡スチロールの箱の方が、よく冷えて氷も長持ちします。
スーパーでもらえたりもしますが、
ホームセンターで結構安く買えます。

食材は冷凍して持っていけば、保冷剤代わりにもなりますし、
冷凍枝豆も解凍すればすぐに食べられておすすめです!

バーベキュー初心者でもできる火おこし

バーベキューは、まず火をおこせなければ始まりません。

ここで、時間がかかり過ぎるとどんどん時間が押して、
予定が台無しになります。

なので、初心者は素直に着火剤を使いましょう。

◆おすすめ着火剤と火のおこし方

着火剤にも色々な種類がありますが、固形のものがおすすめです。
絞り出しタイプなど、ジェル状や液体のタイプは、
慣れないと取り扱いが難しいので危険です。

スポンサードリンク

もし、使わざるを得ない場合、火の上から足すのは厳禁です。
爆発的に火が燃え上がり、ヤケドの危険があります。

固形でおすすめなのは、『ロゴス(LOGOS) 着火剤 防水ファイヤーライター』
です。

水に濡れても一発で火がつき、10分以上燃え続け、
匂いも少なく、簡単に炭に火がつきます。
木炭1㎏に1~2個使います。
安価な方なので、気軽に使えていいですよ。

この着火剤をコンロの中に、使う木炭の量(1㎏に1~2個)に合わせて
いくつか置き、その上に木炭を並べます。

木炭の量は、普通サイズのコンロで、
1時間につき1㎏で計算してください。

木炭はキャンピファイヤーのような形に積むか、
真ん中に煙突状の隙間が空くように、
山のような形に並べてください。
空気の通り道を作ることと、
木炭は分散させず、一箇所に集めることが大事です。

着火剤に火がついたら、うちわで細かくあおいで、
空気を送ります。

炭はあまり大きいと扱いにくいので、
5cm以下に砕いてください。
そして、一度に入れてしまわず、少しずつ足していってください。

炭に火がしっかりつくまでは、あまりいじらないようにするのも
ポイントです。
子供は特に、つつきたくなるようなので要注意です。
突然、炭がはぜて火の粉が飛んでくるなんてこともあるので、
あまり火のそばには近づけない方が安心です。

また、炭を触るための火ばさみは、長めがいいですよ。
熱いので・・・。

 

◆火おこしにはこれも使える!

それは、松ぼっくりです。

松ぼっくりには元々、油分が含まれていて、
結構良く燃えて、天然の着火剤としてかなり優秀です。

難点は、湿気っていると火がつきにくいので、
目についたら拾って集めておいて、
乾燥させておくと良いです。

使うときは、バーベキューコンロに敷き詰めて、
直接火をつけます。
全体に火がまわって、白っぽく炭になってきたら、
その上に木炭をのせます。
後は、何もしなくても木炭に火がつくので、
待つだけです。

 

◆必殺技

トーチバーナーを使います。
カセットコンロ用のガスが使えるので便利です。

例えば、
『イワタニ カセットガス トーチバーナー』

は、
木炭着火専用のトーチバーナーで、
最大火炎温度は1400℃のパワフルさです。
着火は点火レバーを引くだけで、
初心者でも気軽に使えます。

火おこしの方法は色々ありますが、
どんな方法でも、ある程度火がつくまでは、
木炭は一箇所に集中させてください。

バーベキュー初心者のための後片付け方法

初めてのバーベキューの時は、使い終わったコンロや網、
炭の片付けたなど、わからないことだらけではないでしょうか?

次回のバーベキューのためにも、
使った道具などは、きれいな状態にしておきましょう。

◆最初にやること

網についている油やタレは後から落としにくいので、
しっかり焼いて炭化させます。
ワイヤーブラシで、なければ新聞紙かアルミホイルを丸めたもので、
こすり落としておきます。

アルミホイルは予想外に使えますよ。

 

◆炭の後片付け

炭は、基本持ち帰りましょう。

バーベキュー場やキャンプ場などで、
炭捨て場がある場合は、そこに捨てましょう。

炭捨て場がない場合や再利用したいときは、
火消し壺やダッチオーブンに入れて冷まします。

しっかり蓋をして空気を遮断すれば自然と火は消えますが、
完全に冷めるまで1~2時間はかかるので、
安全に持ち帰るためにも、一番最初にその作業を行い、
冷めるのを待つ間に、他の撤収作業を進めましょう。

時間がなくて冷めるまで待てない時は、
水をかけて火を消します。
ちゃんと消えたかどうか必ず確認して下さい。
そして、燃えない入れ物に入れて持ち帰ります。

大きめの炭は、乾かせばまた使えます。

 

◆コンロと網などの後片付け

炭が冷めるのを待つ間に、
コンロなどの後片付けをしましょう。

コンロの中の炭や灰を出したら、
冷めるのを少し待って、新聞紙で拭きます。

網や鉄板も新聞紙で拭きます。

新聞紙で包んで持ち帰り、
帰宅したら早めに洗剤でしっかり汚れを洗いましょう。
その後は、完全に乾かしてください。

また、プラスチック製のコンテナなどの容器に
網や道具などをまとめて入れて、
容器にいれたまま酸素系漂白剤に漬け込むと、
きれいになりますよ。
そして、よく乾かして容器に保管します。

バーベキューの後片付けは、とても大切です。
次に使う人が気持ちよく使えるように、
また環境のためにも、ゴミや炭はしっかり持ち帰り、
できるだけきれいにして帰りましょう。

おわりに

バーベキューは、

・準備
・火おこし
・後片付け

が、大事です。

3つのコツとポイントをつかんで、
楽しいバーベキューにしてくださいね。

スポンサードリンク

 - レジャー・お出かけ ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  関連記事

ブルーインパルス
小松基地航空祭 持ち物は?売店はあるの?自転車で基地まで行こう!

小松基地航空祭は、 石川県小松市の 航空自衛隊小松基地で 開催されるイベントです …

黒部峡谷
黒部峡谷のトロッコ 予約は必要?おすすめの車両と見どころは?

富山の黒部峡谷の大自然の中を走る トロッコ列車は、一度は乗ってみたい 憧れの乗り …

イチゴ狩り
北陸のイチゴ狩り 富山 石川 福井のスポットはここ!

春といえば、イチゴ! 真っ赤に熟れたイチゴは見た目も可愛らしく、 食べれば幸せな …

2015富山 山王祭の日程と時間は?屋台と駐車場も気になる!

富山の山王祭は、地元では「さんのさん」と呼ばれ、 昔から親しまれています。 毎年 …

花火
富山 神通川の花火大会へ行こう!駐車場は?見る場所はどこがいい?

毎年8月1日に行われる神通川の花火大会。 富山県内一の規模で、いつもたくさんの人 …

チューリップ
富山 砺波チューリップフェアの駐車場と前売り券、イベント情報

スポンサードリンク 今年も富山県砺波市で『となみチューリップフェア』が 開催され …

立山 紅葉
立山の紅葉は見頃と混雑を予想した計画を!服装はどうする?

スポンサードリンク いよいよ秋も深まり、 山も色づく季節になりました。 富山の立 …

チューリップ
砺波で食事とチューリップクルーズと日帰り温泉を楽しもう!

チューリップフェアについての記事はこちらへどうぞ スポンサードリンク 富山県砺波 …

立山黒部アルペンルート雪の大谷に行く!駐車場はある?服装は?

スポンサードリンク 北陸新幹線の開業に伴い、富山の注目度がうなぎ登りです。 雄大 …

環水公園 イルミネーション
富山のイルミネーション 環水公園と城址公園、駅北ルミエがオススメ!

寒くなったらぜひ、見に行きたい イルミネーション! スポンサードリンク 冷たい空 …