いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

*

夏バテ予防の対策 食事も工夫しよう!甘酒も効果バツグン!

   

夏バテ

夏になると、体がだるくて、いつも疲れてる。
食欲もないし・・・。

なんていう症状は、「夏バテ」です。
「暑気あたり」ともいいます。

その名の通り、夏の暑さにやられたせいでなる
体調不良ですが、しっかり対策をすれば、
ある程度防ぐことができます。

また、夏バテに効果的な食事の仕方
食べ物についてもご紹介します。

スポンサードリンク

夏バテ予防の対策はこれ!

夏バテの主な症状は、
だるさ、疲労感、食欲不振です。

それらは、次のことが原因です。

【夏バテの原因】

・高温多湿
気温が高くなるため、いっぱい汗をかいて体温を下げようとしますが、
湿度が高いと汗がちゃんと蒸発しません。
そのため、体温調節が上手く出来なくなり、
体内に熱がこもってしまいます。
また、暑いと汗をかきすぎて、水分や塩分が不足してしまいます。
そのため、だるさが続きます。

・自律神経の乱れ
暑い屋外から冷房の効いた室内へと出入りを繰り返すと、
急激な気温の変化や冷房が効き過ぎることによる冷えのせいで、
自律神経のバランスが乱れ、
体の調節機能がうまく働かなくなります。
血流も悪くなるので、胃腸の調子も悪くなり、
食欲不振になります。

・睡眠不足
熱帯夜が続くと暑さで寝られず、睡眠不足になります。
そのため、疲労の回復ができません。

そうならないように、でも、
もしなってしまった時の対策です。

【夏バテの対策】

・冷房で体を冷やし過ぎない。
職場など、自分では調節出来ない時は、
長袖を羽織る、ひざ掛けを使うなどしましょう。
温かいものを飲むようにするのもいいですよ。

・適度に運動する。

・シャワーばかりではなく、ぬるめのお風呂
ゆっくり浸かる。半身浴がおすすめ。

タンパク質やビタミンBの多い食事を摂る。

・暑くても冷たい食べ物や飲み物ばかりにしない。

食欲がない時に、無理に食べない。
胃腸が弱っている時は、消化の良いものを
少しずつ食べましょう。

睡眠をしっかり取る。

暑くて眠れないけど、冷房を入れっぱなしだと
冷えてしまう、という人も多いようです。

そういう場合は、寝る前に寝室を先に冷やしておきます。
そして、寝る時に冷房を切るか、
タイマーで1時間後くらいに切れるようにします。

また、敷ふとんやマットの上にゴザをひくと、
熱がこもりにくくなりますよ。

また、汗をいっぱいかくので、
水分補給を欠かさないようにしてください。
塩分も適度に必要なので、
ポカリスエットなどを2倍くらいに薄めたものを
飲むようにすると良いでしょう。

スポンサードリンク

夏バテ対策を食事でする!

夏バテになると、どうしても食欲はなくなりがち。
だからと言って、冷たいものばかりやそうめんばかりでは、
ちっとも、良くなりません。

冷たいものは胃腸を冷やして弱らせてしまいます。
また、あっさりしたものばかりでは、
タンパク質など大事な栄養が不足して、
体力も低下し、食欲不振という負のループに陥ります。

まずは、バランスの良い食事を心がけましょう。

特に夏バテに効果的な栄養は、

◆ビタミンB1・B2
炭水化物の糖質をエネルギーに変えます。
疲労回復の効果があります。
豚肉、枝豆、納豆、豆腐、レバー、うなぎ、玄米など

◆クエン酸
弱った胃腸と疲労を回復します。
梅干し、レモン、酢

◆ビタミンC
自律神経の不調の原因になるストレスを緩和します。
枝豆、トマト、レモン、かぼちゃ、ゴーヤ

◆タンパク質
体をつくるのに欠かせない栄養です。
弱った内蔵を補強してくれます。
豚肉、豆腐、卵、牛乳

◆アリシン
ビタミンB1の吸収を良くします。
にんにく、ニラ、ネギ

夏バテ対策メニューは、

・豚肉とニラのにんにく炒め
・ニラレバ
・豚汁
・枝豆の塩ゆで
・オムレツ(トマト、にんにくなど野菜を入れて)
・うなぎ

などです。

もし、食欲がなくてあまり食べられない時は、
そうめんに茹でた豚肉ときゅうり、しそ、海苔を
のせたものがおすすめですよ。

豚肉を食べられないくらい食欲がない時は、
豆腐にしょうがをのせ、昆布つゆなど濃縮つゆを少しかけ、
電子レンジで温めます。
豆腐から出た水気で濃縮つゆも薄まり、
ちょうど良い濃さになります。
消化も良く、お腹も温まり、栄養もあり、
とてもおすすめです。
ぜひ、試してみてください。

甘酒は夏バテに効果バツグン!

甘酒が、夏バテに効くって知ってますか?

甘酒は、「飲む点滴」と言われるほど、
栄養価の高い飲み物です。
ビタミンB、ミネラル、アミノ酸、ブドウ糖、乳酸菌が豊富で、
江戸時代から夏バテ解消に飲まれていました。

冬の飲み物のイメージが強い飲み物ですが、
元々は夏の飲み物で、俳句の季語にも使われます。

甘酒には、米麹から作られるものと
酒粕から作られるものとあります。

夏バテには、原材料が「米麹・米」と
なっているものがいいでしょう。
酒粕から作られてるものは、
アルコール分が1%未満含まれている場合もありますが、
米麹のものは、アルコールは0%です。

ビタミンBやアミノ酸などが夏バテに効くのはもちろん、
甘酒には他にも効果があります。

・酵素が消化吸収を助ける
胃腸が弱り消化不良だと、食べ物がいつまでも腸に溜まったままに
なってしまいます。
消化を良くするためには、食後に飲むのが良いでしょう。

・乳酸菌が腸内環境を整える
発酵食品には、植物性乳酸菌が含まれていて、
腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えてくれます。

腸内環境が整うのでダイエット効果や、
原料の麹に含まれているコウジ酸が
メラニンの生成を抑えるなど、美容効果も期待できます。

食欲がない時の朝は、とりあえず甘酒を飲んでみては
どうでしょう。

ただ、甘みはブドウ糖によるもので砂糖は不使用でも、
糖分は多めなので、飲み過ぎには注意です。

1日あたり160ml~200mlが適量です。

おわりに

夏バテ予防に大事なのは、
バランスの取れた食事、適度な運動、
規則正しい生活です。

暑い夏、がんばって乗り越えましょう!

スポンサードリンク

 - 美容・健康 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  関連記事

脇汗
脇汗の対策 おすすめは?臭いにも制汗剤?ワキガとの違いは?

流れるような汗で、あっという間に脇が汗だくに・・・。 こんな経験ありませんか? …

魚
喉に刺さった魚の骨を取る方法は?病院に行く?骨は溶ける?

魚の骨が、うっかり喉に刺さったことはないですか? スポンサードリンク それまで美 …

インフルエンザ 予防接種
インフルエンザ予防接種 子供の回数と2回目の間隔、時期は?

毎年必ずと言っていいほど流行る インフルエンザ。 冬の流行が多いですが、 最近は …

足 指 しもやけ 治し方
しもやけの原因と治し方は?予防と対策におすすめの食べ物は?

毎年、寒い時期になると、 足やら手やらにしもやけが出来て、 困っていませんか? …

ゆず湯
ゆず湯がピリピリ痛い原因と対処方法は?効能も気になる?

冬至と言えば、柚子(ゆず)湯。 爽やかで良い香りに、 とっても癒やされますよね~ …

結婚指輪
金属アレルギー対応の結婚指輪はチタンとコーティングがおすすめ!

結婚といえば、結婚指輪。 どんなデザインにしようか、 どんな素材にしようか、 悩 …

花粉 目のかゆみ
花粉症 目のかゆみの対策とおすすめの目薬は?病院は何科?

花粉症と言えば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、 そして、忘れていけない目の痒み。 ス …

マスク
夏の花粉症 原因植物は何?症状は?対策はどうする?

くしゃみ、鼻水、鼻づまり。 花粉症の代表的な症状です。 スポンサードリンク でも …

髪の毛
髪の毛がパサパサになる原因は夏?!対策にはオイルがおすすめ!

夏も終わり、秋になる頃、 妙に髪の毛がパサパサするような・・・、 ということはあ …

柿
柿は体が冷える?!栄養たっぷりで美容にも二日酔いにもおすすめ!

秋といえば、柿の美味しい季節です。 スポンサードリンク 実は柿には、栄養がたくさ …