いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

*

喉に刺さった魚の骨を取る方法は?病院に行く?骨は溶ける?

      2017/06/03

魚

魚の骨が、うっかり喉に刺さったことはないですか?

それまで美味しく食べていた魚が
急に憎たらしく思えてきますよね。

もう、痛いし、気になるし・・・。

こんな時はどうしたらいいんでしょうか?
対処法などをご紹介します。

スポンサードリンク

喉に刺さった魚の骨を取る方法は?

魚の骨が喉に刺さったら、ご飯を丸飲み!
と、昔からまことしやかに言われてきました。

または、水を飲めとか、酢を飲めとか・・・。

が、ご飯丸飲みはやめたほうが良いです。
喉の入口近くに浅く小さい骨が刺さった場合は、
運良く取れることもあるようですが、
ご飯が骨を押し込んで、更に深く刺さり、
悪化することがあるんです。

その傷に細菌がついて化膿することも
考えられます。

では、自分でピンセットで抜くというのは
どうでしょう。

口を開けてすぐ見える場所にあれば、
取れることもあります。
自分では見えにくいし難しいので、
誰か他の人にやってもらった方が無難です。

ただ、喉の奥の方だったら、
余計に押し込んでしまうことがあるので、
やめておいた方が良いです。

箸でつついてみるとかは絶対ダメです。

一番オススメは、病院に行くことです。
でも、夜だったり、明日は仕事で絶対無理!
ということもあります。

痛くて仕方がない、水も飲めない、
というくらい酷くなければ、
とりあえず、1~2日ほど様子を見てください。

自然に抜けることも結構あります。
ただ、抜けていて骨自体はもう刺さっていなくても、
特に大きく太い骨だと刺さったところの傷も大きいので、
しばらく痛いことがあります。

どんどん痛くなる、いつまでも痛い、
違和感が続くなどの場合は、
なるべく早めに病院に行ってください。

スポンサードリンク

 

喉に刺さった魚の骨 どの病院に行けばいい?

意を決して病院に行くとして、
まず、どの病院に行くか悩みますよね。

悩んだら、耳鼻咽喉科が良いですよ。
何と言っても、喉の専門家ですから。

長~いピンセットを使ってささっと抜いてくれます。
奥の方だと、内視鏡を使うこともあります。

骨を抜いてもらったら、驚くほどスッキリします。
刺さっていたところは、しばらく痛いかもしれませんが、
症状に合わせて薬も出してもらえますし、
数日で痛みは引きます。

魚の骨が刺さったくらいで病院なんて、
とは思わず、なるべく早く行ってください。
あまり、長いこと放っておくと、
どんどん奥の方まで刺さってしまったり、
化膿してしまうこともあります。
喉が腫れてしまって大変なことになることも・・・。
高熱が出ることもあるんですよ!

手術になったらどうしよう・・・、
と心配になる人もいますが、
よっぽど奥の方に刺さって
見えないとかでなければ、
大抵そんな大げさなことにはならないので、
大丈夫です。

でも、やっぱり早めにが肝心です。

 

喉に刺さった魚の骨は溶ける?

このまま放っておけば、そのうち溶けてなくなるかも?

というのは、はっきり言って無理です。

知らない間に抜けていて、
胃に入れば胃酸で溶けてしまいますが、
喉に刺さったままでは溶けません。

なので、溶けるのを待つ、
というのは絶対ナシです。

 

おわりに

魚の骨が刺さらないようにするためには、
食べ方を工夫しましょう。

まず、身をほぐしてできるだけ骨を取り除き、
一口で大きな身を食べないようにしてください。

それでも、もし刺さってしまったら、
耳鼻咽喉科へGOです!

スポンサードリンク

 - 美容・健康 ,

  関連記事

マスク
夏の花粉症 原因植物は何?症状は?対策はどうする?

くしゃみ、鼻水、鼻づまり。 花粉症の代表的な症状です。 スポンサードリンク でも …

プール
プール熱の症状は?お風呂どうする?プールはいつから入れる?

夏になるたびに流行る『プール熱』は、夏風邪の代表選手です。 正式名は咽頭結膜熱( …

脇汗
脇汗の対策 おすすめは?臭いにも制汗剤?ワキガとの違いは?

流れるような汗で、あっという間に脇が汗だくに・・・。 こんな経験ありませんか? …

日焼け止め
日焼け止めのSPFとPAって何?選び方は?雨や曇りでも必要?

春先から着々と強くなる紫外線。 スポンサードリンク 怖~いシワやシミの予防のため …

はと麦茶
はと麦茶の効能 美肌やいぼに効果はある?美味しい入れ方は?

スポンサードリンク 健康茶として知られているはと麦茶。 十六茶や爽健美茶など、 …

結婚指輪
金属アレルギー対応の結婚指輪はチタンとコーティングがおすすめ!

結婚といえば、結婚指輪。 どんなデザインにしようか、 どんな素材にしようか、 悩 …

日焼け止め
日焼け止め 去年の残りは使える?正しい保存方法と捨て方は?

紫外線対策と言えば、日焼け止め。 でも、冬の間はあまり塗らないし、 日焼け止めっ …

夏バテ
夏バテ予防の対策 食事も工夫しよう!甘酒も効果バツグン!

夏になると、体がだるくて、いつも疲れてる。 食欲もないし・・・。 なんていう症状 …

背中
背中が汚いのはニキビが原因?治し方とおすすめのケア用品は?

これからどんどん薄着になる季節、 襟周りが大きく開いた服を着る機会も 増えますよ …

髪の毛
髪の毛がパサパサになる原因は夏?!対策にはオイルがおすすめ!

夏も終わり、秋になる頃、 妙に髪の毛がパサパサするような・・・、 ということはあ …