いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

*

とうもろこしの美味しい食べ方と見分け方!保存方法は冷凍がおすすめ?

      2017/06/03

とうもろこし

とうもろこしをもらった人も買った人も、
せっかくなら美味しく食べたいですよね?

色々な食べ方がありますが、
その中でもオススメの方法
美味しいとうもろこしを選ぶための見分け方
保存方法をご紹介します。

スポンサードリンク

とうもろこしの美味しい食べ方は?

とうもろこしには、ビタミンB・E、炭水化物、食物繊維、
ミネラルなどの栄養がいっぱい詰まっています。

しかも美味しいという、そんな素敵な野菜「とうもろこし」。

調理に失敗して美味しくなくなっちゃったなんて、
まったく泣ける話です・・・。

そこで、オススメの美味しい食べ方を
ご紹介します!

 

食べ方・調理の仕方は、

・茹でる
・蒸す
・焼く
・レンジでチン

など、色々です。

この中では、主に茹でる派レンジ派に別れるようです。

茹でる方法が美味しいという意見が多いので、
とりあえず、まずは美味しい茹で方から・・・。

 

【シワシワにならない美味しい茹で方】

1.とうもろこしの皮を最後の白い透けている
2枚ほどを残してむきます。

2.ひげを丁寧に取り除きます。
(ここまで下ごしらえ)

3.大きい鍋にお湯をたっぷり沸かします。
(塩は入れません)

4.お湯がぐらぐらする直前(沸騰前)に、
とうもろこしを入れて、5~7分茹でます。

5.茹でている間に、大きめのボウルに
とうもろこしが浸るくらいの冷たい塩水を準備します。
塩は濃すぎかもというくらいに、
多めに入れてください。

6.とうもろこしが茹で上がったら、
熱いまま塩水につけます。
そのまま、ぬるくなった水が冷めるまで
つけておきます。

7.残っていた皮をむいて、
後は食べるだけです。

この方法だと、とうもろこしの実がシワシワにならず、
プリプリのままなので、とても美味しくできます。

次はレンジ派オススメの方法です。

 

【電子レンジで美味しく食べる方法】

1.下ごしらえまでは、茹でる時と同じです。
一本ずつ、ラップに包みます。

2.電子レンジに入れて、500Wで一本あたり5分、
2本なら8分加熱します。

3.塩水につけて冷めるまでそのままにします。

電子レンジの場合、加熱し過ぎると、
ゴムっぽい食感になることがあるので、
注意してくださいね。

スポンサードリンク

 

美味しいとうもろこしの見分け方

どうせ買うなら、美味しいとうもろこしを選びたいです。

とうもろこしは鮮度が大事なので、
一番良いのは、、農家からその日の朝どれのものを
買うことですが、なかそれは難しいです。

なので、スーパーで買う場合の見分け方です。

 

スーパーに並んでいるとうもろこしは、
皮付きの場合もあれば、皮が半分くらい、
または全部むいてあるものもあります。

中身が見えている場合は、
・粒が綺麗に揃って並んでいる
・一番上の方まで実がぎっしり付いている
・実にシワがなく、プリプリなもの

 

皮付きの場合は、

・外側の皮の色が濃い緑色でみずみずしいもの
・ヒゲがふさふさしていて、茶色っぽくなっていたり、
しおれていないもの
・ヒゲがある方が丸く太いもの

これが、もぎたてに近く、
新鮮で美味しいとうもろこしです。

何と、ヒゲの数は、実の数と一緒なんです。
多ければ多いほど、実がぎっしりということですね!

 

とうもろこしの保存方法は冷凍がおすすめ!

とうもろこしは、収穫するとみるみる
味も栄養も落ちていきます。

なので、安かったので大量に買ったとか、
たくさんもらったとか、いう時は、
美味しいうちに、茹でてしまうのがオススメです。

 

茹でたら、上に書いたやり方で冷ました後、
または、熱いうちにラップで包み、
冷凍します。
熱いうちに包んだ時は冷ましてから、
冷凍庫に入れてください。

茹でたとうもろこしの粒だけ取って、
バラバラにした状態でジッパー付きの袋に入れて、
冷凍しておくと、使いたい量だけ出せて、
スープやチャーハンなど、色々な料理に使えて
便利です。

 

生のまま保存したい時は、
皮付きのまま、新聞紙に包んだ後、さらにラップで包み、
野菜室で立てた状態で保存します。

それでも、常温よりはマシですが、
鮮度は急速に落ちていくので、
早めに食べるようにしてください。

 

おわりに

とうもろこしは鮮度が命
新鮮なうちに、どんどん茹でていきましょう!

もし、味がイマイチなとうもろこしでも、
スープにすると美味しく食べられますよ。

スポンサードリンク

 - 食べ物 ,

  関連記事

パセリ
付け合わせのパセリは食べる?意味は何?栄養と美味しい食べ方

スポンサードリンク よく料理の付け合せでついてくるパセリ。 鮮やかな緑色で、彩り …

食パン
パンの冷凍保存の方法と解凍方法は?クリームパンでも大丈夫?

パンをたくさん買ったり、 もらったりした時、 どうしてますか? 急いで食べる? …

さつまいも
さつまいもの芽に毒はある?食べられる?芽が出たら栽培してみよう!

スポンサードリンク いつぞや買ったさつまいもに芽が!! しかも、茎が伸びて葉っぱ …

ブロッコリーとカリフラワー
ブロッコリーとカリフラワーの違いは?栄養と味に違いはある?

子供の頃、区別が難しかった野菜、 ありませんか? 世の中には、いまいち違いがわか …

パンケーキ
パンケーキとホットケーキの違いは?レシピと冷凍保存方法!

手軽に家で作れるおやつの定番、 ホットケーキ。 でも、巷で流行っているのは パン …

枝豆
枝豆の茹で方と保存方法、栄養やカロリーも知っておきたい

ビールのおつまみの定番、枝豆。 子供も大好き、あっという間になくなってしまいます …

アボカド
アボカドは栄養がいっぱい!でも食べ過ぎとアレルギーに注意!

最近、色々なお店のメニューでもよく見かけるアボカド。 好き嫌いが結構別れますが、 …

そうめんかぼちゃ
そうめんかぼちゃの美味しい食べ方と硬くて切れない時!保存 冷凍もできる!

そうめんのようにして食べられる ちょっと不思議なそうめんかぼちゃ。 スポンサード …

麦茶
麦茶の美味しい作り方は?栄養と効能は?はと麦茶との違いは?

スポンサードリンク 夏といえば、麦茶。 家で飲むのはもちろん、 水筒に入れて学校 …

ホットドッグ
コストコのホットドッグの値段とトッピングのコツ!テイクアウトできる?

コストコのフードコートと言えば、 ホットドッグですよね。 とってもボリュームがあ …