いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

*

髪の毛がパサパサになる原因は夏?!対策にはオイルがおすすめ!

   

髪の毛

夏も終わり、秋になる頃、
妙に髪の毛がパサパサするような・・・、
ということはありませんか?

この髪の毛のパサつき、
夏が原因かも?!

気になる髪の毛の
パサパサの原因対策
オイルを使ったおすすめケア
ご紹介します。

スポンサードリンク

髪の毛がパサパサになる原因は夏?!

秋になって、髪がやたらにパサパサして、
ちっともまとまらない!

それは、夏に受けたダメージのせいです。
放っておくと、
これから乾燥する季節、
もっとパサついてしまいます。

 

夏のダメージは次のように様々・・・。

◆紫外線
髪の毛は、タンパク質である
ケラチンでできています。
紫外線が当たりすぎると、
表面のキューティクルが
壊れ、剥がれてしまいます。
すると、中のケラチンも痛み、
髪がごわついたり、
パサパサになったり、
枝毛・切れ毛になってしまう
というわけです。
また、メラニン色素を分解するので、
赤茶けた色になり、余計に、
傷んでいるように見えてしまいます。

◆汗や皮脂
頭は体の中でも、特に汗をかきやすい部位で、
皮脂の分泌も盛んです。
なのに、毛が密集しているため、
汗が蒸発しにくく蒸れやすく、
すぐにベタベタになります。
このベタベタに汚れがつくと、
臭うようになったり、
毛穴が詰まってしまい、
抜け毛の原因になり、
髪の健康にもよくありません。

◆乾燥
夏場、冷房の効いたところに
いることが多いと、
頭皮や髪の毛が乾燥してしまいます。
頭皮が乾燥すると、バリア機能が落ち、
生えてくる髪の毛が不健康な状態に。
また、髪の毛が乾燥すると、
キューティクルが剥がれやすくなり、
パサパサになってしまいます。

◆栄養不足
夏バテになって、食欲が落ちると、
必要な栄養が足りなくなります。
すると、少ない栄養は生命維持に
使われるので、髪の毛には回ってきません。
結果、栄養不足の髪の毛はパサパサに・・・。

関連記事↓
『夏の疲れのせいで秋バテに?!解消法とおすすめの食事は?』

 

他にも、プールや海水浴に行った人は
要注意!
塩素や海水の塩分もあなどれません。

 

また、暑いしすぐ乾くだろうと油断して、
洗髪の後、自然乾燥の人も注意です!
乾燥しすぎはよくありませんが、
髪の毛や頭皮をちゃんと乾かさないと、
これもパサパサの原因になります。
濡れたままの頭皮は不衛生になりがち、
そして、髪の毛に水分が残っていると、
摩擦などで、キューティクルが
壊れやすくなるんです。

 

髪の毛のパサパサ対策は?

一度傷んでしまった髪の毛を、
元に戻すことは難しいです。

が、少しでも良い状態に、
また、これから伸びてくる
髪の毛のためにも、
パサパサの原因に心当たりのある人は、
髪に良いことをしてあげましょう。

 

まずは、髪の毛の乾かし方です。

ドライヤーの熱が髪に悪いという
イメージがありますが、
いつまでも濡れた状態にしておくと、
キューティクルが開きっぱなしになります。
すると、ちょっと擦れただけで傷んだり、
水分が逃げていってしまうので、
自然乾燥はやめましょう。

 

そこで、ドライヤーを上手に使って、
なるべく早く乾かします。

・髪を洗ったら、まずはタオルで
頭皮をしっかり拭き、
髪の毛はワサワサこすらず、
タオルで挟んで水気を取ります。

そのままだと、まだ髪の毛が
びしょ濡れに近く、
乾かすのに時間がかかるので、
2~3分、タオルを巻いておくと、
残った水気がだいぶ減ります。

 

・ドライヤーを頭から20cmくらい離して、
温風で頭皮から乾かしていきます。

同じ所ばかりに当たらないように、
ドライヤーは常に動かしてください。

 

・髪の毛はキューティクルの向きに沿って、
根本から毛先に向かって乾かします。

 

・ほぼ、乾いたら冷風を全体に当てて、
熱を冷ますと、ぱさつかず、
まとまりやすい髪になります。

 

ドライヤーを使う前に
洗い流さないタイプのトリートメントを
使うのもおすすめです。

トリートメントには、
オイルタイプやクリームタイプがあります。

タオルドライ後の髪の毛に、
トリートメント(洗い流さないタイプ)を
つけると、髪に栄養を与えつつ、
熱から髪を守ってくれます。

乾いた髪につける場合は、
たくさんつけ過ぎるとベタつくので、
少しずつ手に取って、
根本は避け、毛先を中心につけましょう。

こちらもおすすめですよ!↓
【Raffi(ラフィー)】洗い流さない髪のトリートメント


 

そして、食生活の見直しです。

出来るだけ規則正しい生活をして、
髪の毛に良いものを食べます。

◆髪に良い栄養と食べ物

・タンパク質
肉、魚、卵、牛乳、大豆、豆腐など
髪の毛の99%はタンパク質で出来ています。

・亜鉛
カキ、豚レバー、鶏レバー、ごまなど。
タンパク質から髪の毛を作るために必要です。

・ビタミンB群
レバー、魚、卵、緑黄色野菜など
新陳代謝を促します。

・ビタミンE
アボカド、ごま、うなぎ、ナッツ類など
血管を拡張して、血流を良くします。

これらをよく噛んで、
バランス良く食べることが大事です。


スポンサードリンク

髪の毛のパサパサにはオイルがおすすめ!

傷んでパサパサになってしまった
髪の毛にはトリートメントが
おすすめですが、
週に1回、オイルパックをすると、
より効果があります。

 

使うオイルは、椿オイルや
オリーブオイルです。

椿オイルもとても良いのですが、
ちょっとお値段高めなので、
たっぷり入ってお手頃な
オリーブオイルを使います。

 

オリーブオイルは、どれでもいいわけではなく、
エクストラバージンオイルが、
べたつかずおすすめです。

 

【オイルパックの仕方】

1.大さじ1のオリーブオイルを手に取り、
髪全体になじませます。
頭皮にもつけ、もみほぐすように
マッサージします。

2.蒸しタオルで髪の毛と頭をつつみ、
シャワーキャップをかぶります。
そのまま、10~20分置きます。

3.2回シャンプーをします。
1回目は泡立ちにくいです。
濡らさずシャンプーをつけると、
いいですよ。
2回めのシャンプーで、
オイルが残らないようにしっかり
洗います。

4.コンディショナーやリンスをして、
その後はしっかり乾かします。

 

オイルのおかげで毛穴がすっきりします。

オイルが残ったままだと
ベタつくことがあるので、
しっかり落とすようにしてくださいね。

最初はすぐに効果がでないかもしれませんが、
週1回か2回、やってみてください。

ツヤツヤの髪の毛になりますよ!

 

おわりに

肌には日焼け止めをつけても、
髪の毛までは、なかなか気が回らないものです。

頭皮も日焼けすると、乾燥して、
フケや炎症などの肌トラブルに
なります。

夏だけでなく、紫外線の強い時期は、
髪にも使える日焼け止めスプレーや、
防止で髪の毛を守ってあげましょう!

スポンサードリンク

 - 美容・健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  関連記事

テニス部
中学生の部活 日焼け止めどうしてる?禁止?!クレンジングもしっかりと!

大人じゃなくたって、中学生の女子にとっても、 日焼けは気になる問題です。 スポン …

水分補給
経口補水液とスポーツ飲料の違いは?作り方と保存、飲み方は?

暑い夏以外でも、 年がら年中気をつけたい「熱中症」。 運動会の練習や部活の最中に …

はと麦茶
はと麦茶の効能 美肌やいぼに効果あり?!美味しい入れ方は?

スポンサードリンク 健康茶として知られているはと麦茶。 十六茶や爽健美茶など、 …

いびき
旅行の時のいびき対策とおすすめ対策グッズ、治す方法ってあるの?

旅行に行くことになったけど、 寝る時にいびきをかいてしまう・・・。 他の人に迷惑 …

後鼻漏
鼻水が喉に落ちるせいで気持ち悪い!原因と治療法は?

喉に鼻水がどんどん流れ落ちてくるので、 気持ち悪くなってしまう・・・、 吐き気が …

泣く赤ちゃん
ロタウイルス 赤ちゃんの看病どうすればいい?消毒と洗濯の方法は?

冬から春にかけて流行る ロタウイルス。 6ヶ月~2歳くらいの乳幼児に多い 嘔吐と …

夏バテ
夏バテ予防の対策 食事も工夫しよう!甘酒も効果バツグン!

夏になると、体がだるくて、いつも疲れてる。 食欲もないし・・・。 なんていう症状 …

インフルエンザ 予防接種
インフルエンザ予防接種 子供の回数と2回目の間隔、時期は?

毎年必ずと言っていいほど流行る インフルエンザ。 冬の流行が多いですが、 最近は …

魚
喉に刺さった魚の骨を取る方法は?病院に行く?骨は溶ける?

魚の骨が、うっかり喉に刺さったことはないですか? スポンサードリンク それまで美 …

ブタクサ
秋の花粉症 ブタクサの症状と対策は?症状に咳ってある?

夏の疲れからか、何だか調子が悪い・・・。 スポンサードリンク そんな時、つい風邪 …