いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

*

ハロウィンの衣装 子供を猫にする!しっぽと猫耳の作り方!

      2015/09/19

ハロウィン 猫

ハロウィンと言えば、
子供が仮装して、
「トリック オア トリート」と
家々を回ったり、
集まってパーティーをしたり。

でも、仮装用の衣装、
何にしようか悩みますよね。

 

そこで、今回はハロウィンの
仮装の定番の「猫」

猫耳やしっぽの作り方など、
猫の仮装についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

ハロウィンの衣装 子供を猫にする!

ハロウィンの猫の仮装というと、
黒猫というイメージですが、
必ず黒じゃないといけないわけでは、
ありません。

兄弟や姉妹でお揃いで猫にするなら、
白猫と黒猫にしても可愛いですし、
紫も神秘的な感じがして
素敵です。

 

まず、猫になるのに必要なものは、

・猫耳
・しっぽ

です。

(関連記事↓
『ハロウィンの仮装 子供のメイクどうやる?猫と魔女のメイクは?』

 

後は、耳や尻尾に合わせた色の服です。

上はトレーナーや長袖Tシャツ、
下はショートパンツやスカートにタイツ
そして、足にはレッグウォーマー、
腕にはアームカバーが
おすすめです。

 

レッグウォーマーやアームカバーは、
大人用のもこもこしたものを
くしゅくしゅっとさせても
かわいいですが、
なかなか色がないかもしれません。

そこで、布を買って簡単に
作ってしまいましょう。

 

◆猫っぽいレッグウォーマーの作り方
【材料】

・ファーやボアなど、毛羽立った布
横 ふくらはぎの周囲の長さ+5cm
縦 膝から足首までの長さ+4cm
(縫い代含む)
これを両足2枚分取れるくらい必要です。

耳やしっぽ、アームカバーにも使うので、
多めに用意してください。

 

・糸と針
・2cm幅のゴム

 

【作り方】
1.サイズを図って、布を切ります。

2.中表にして、縦(膝から足首まで)を
ざくざく縫います。
縫い代は1cmくらいで。
縫い目は、もこもこした毛であまり見えないので、
並縫いでも何でも大丈夫です。

3.上(膝の方)を2cm折り返して、
また、ざくざく縫います。
ゴムの入口を1cmくらい
開けておいてください。

4.膝下の周囲に合わせて切ったゴムを、
通します。

5,足首の方は、3と同じようにしても
良いですし、ゴムを通さず開いたままに
しても可愛いです。

地面に引きずらない程度の長さが
良いですよ。

 

アームカバーの作り方は、
レッグウォーマーと一緒です。
こちらは、上下両方にゴムを入れてください。

どちらも、ゴムがきつくなり過ぎないように
注意してくださいね。

 

ハロウィンの衣装 猫耳の作り方

猫耳は100均やバラエティーグッズが
ある店でも売っていますが、
他の人ともかぶりそうですし、
より猫っぽくするためにも
ぜひ作りましょう!

 

◆猫耳の作り方

【材料】
・ファーやボアなどの毛羽立った布(外側)
・耳の内側になる布(ボアやフェルト)
・厚紙
・目立たない色のカチューシャ、または帽子
・糸と針
・グルーガン(100均にもありますよ)
(布用接着剤でも大丈夫ですが、
グルーガンの方が速くっつくので便利です)

 

【作り方】(画像の見本はフェルトです)

 

1.頭の大きさに合わせて、
耳の大きさを決めます。
katagami
2.三角形の耳の形の型紙を作ります。
下の部分はカチューシャに合わせて、
少しカーブさせます。
(三角の形は好みで)
3.外側の布は
a.下の1辺(赤)は型紙より2cm、
上の2辺(青)は1cmくらい
大きめのものを2枚
b.下の1辺(赤)は型紙に合わせて、
上の2辺(青)は1cmくらい
大きめのものを2枚
c.内側の布は型紙に下を合わせ(赤)、
上の2辺は1cmくらい小さく2枚、
厚紙は型紙と同じ大きさで切ります。
nekomimi-nuno
4.aとbの布を中表にして、
上の2辺を合わせて、
下の部分以外の2辺を縫います。
nuno
5.表に返して、厚紙を中に入れ、
内側になる方に、内側用の布(c)を
グルーガンで貼り付けます。(厚紙がちょっとはみ出していますが、
本当は見えない予定です・・・)
6.外側の布の下の部分をカチューシャに
巻きつけるようにして、
内側の布にグルーガンで貼り付けるか、
縫い付けます。
見本はフェルトなので、巻きつけた部分が
目立ちますが、ファーで作ると、
気になりません。
nekomimi
7.毛並みを整えて出来上がり。

 

グルーガンを使う時は、熱いので注意してください。

カチューシャではなく、帽子の場合は、
縫い付けた方が、しっかり止まります。


スポンサードリンク

ハロウィンの衣装 猫のしっぽの作り方

猫のしっぽには、ワイヤーを入れると、
好きな形にできます。

ソフトワイヤーという名前で、
ダイソーやホームセンター、
ネットショップで売られているものが
おすすめです。

太さも色々ありますが、
自分で扱いやすいと思うものを
選んでください。

切れないものは、長さの調節が出来ないので、
園芸用などのものが良いと思います。

 

◆猫のしっぽの作り方

【材料】
・ファーやボアなどの毛羽立った布
・ソフトワイヤー
・糸と針
・グルーガン

 

【作り方】

1.好みの長さ+少し多めにワイヤーを切ります

2.布の長さはワイヤーに合わせて、
幅は10cmくらいにします。
(幅を小さくし過ぎると、
表に返せなくなるので要注意)

3.布を中表にして、袋状に縫います。
表に返して中にワイヤーを入れます。

布でワイヤーをくるむようにして、
グルーガンでとめても良いですよ。
その場合、見える部分に
グルーガンがはみ出さないように
気をつけてください。

4.布の開いている方をざくざくと縫って、
糸をキュッと絞ります。
多めに切ってあったワイヤーを
ベルトなどに引っ掛けて、
しっぽの形を整えたら完成です。

 

おわりに

猫は、男の子でも女の子でも
どちらもできるので、
おすすめです。

おまけで、猫のキャンディーバッグも
いかがでしょうか?
『ハロウィン 猫とかぼちゃのバッグの作り方&お菓子入れのアイデア!』

 

衣装の服は、色を揃えなくても、
レッグウォーマーとアームカバーを
つけるだけで雰囲気が出ます。
そして、耳としっぽをつければ、
完璧な猫の出来上がりです!

 

スポンサードリンク

 - 行事 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  関連記事

満月
お月見の由来と団子やすすきはどんな意味があるの?

お月見って何でするの? って思ったことはないですか? スポンサードリンク 年中、 …

クリスマス会
子供会のクリスマス会 おすすめゲーム!プレゼントとケーキはどうする?

子供会でクリスマス会。 毎年の恒例行事ですよね。 だからこそ毎回悩むのが、 クリ …

節分 恵方巻き
恵方巻き 切って食べてもいいの?食べ方のルールと醤油のつけ方

節分といえば、『恵方巻き』 というくらい全国的にも浸透しつつあります。 恵方巻き …

七夕
七夕を8月7日にする理由と地域は?8月の七夕祭り 仙台の他はどこ?

七夕といえば、7月7日というイメージが ありませんか? スポンサードリンク 本や …

月
中秋の名月と十五夜の違いは?満月とは限らない?!次はいつ?

秋といえば、中秋の名月、 お月見ですよね。 スポンサードリンク そして、お月見と …

お墓参り
お彼岸に墓参り なぜするの?花の種類や服装はどうすればいい?

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉、 聞いたことありませんか? スポンサードリンク …

母の日のカーネーション
なぜ母の日にカーネーション?色と花言葉と長持ちさせる方法を知りたい

スポンサードリンク 母の日といえば、カーネーションが定番ですね。 最近は、特にこ …

ススキ
秋の七草 どんな種類の草?由来は何?春の七草との違いは?

秋の七草と聞いて、 その種類をすぐに答えられる人は 少ないのではないでしょうか? …

初詣
初詣 お参りの仕方は?いつまでに行けばいい?お賽銭の作法ってあるの?

お正月といえば、初詣。 毎年、決まった神社やお寺に行くという人、 色々なところに …

ジャックオランタン
ハロウィンのかぼちゃ どこで販売?ランタンの作り方と保存はできる?

毎年10月31日に行われる ハロウィン。 古代ケルト人の行事と言われていますが、 …