いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

美容・健康

ゆず湯がピリピリ痛い原因と対処方法は?効能も気になる?

投稿日:2015年12月4日 更新日:

ゆず湯

冬至と言えば、柚子(ゆず)湯

爽やかで良い香りに、
とっても癒やされますよね~。

あの柚子の黄色もお風呂の温かさが
倍増するような気がして、
いい感じです。

 

でも、柚子湯に入ると肌がピリピリ痛くて
とても浸かっていられない!
と言う話もよく聞きます。

一体何が原因なのか、
また、何とかピリピリしないで
柚子湯に入る方法
ちょっと気になる効能について、
ご紹介します。

スポンサーリンク

ゆず湯がピリピリ痛い原因は?

日本では江戸の頃から、
冬至に柚子湯に入ると一年中、
風邪をひかないと言われています。

この日は柚子湯を実施している銭湯も
多いようです。

 

ちなみに2018年の冬至は、
12月22日(土)です。

 

冬至の関連記事はこちら

⇒ 【冬至はかぼちゃじゃないとダメ?なぜ?食べ物は他のものでも良い?】

 

お風呂に入れると、とてもよい香りがして、
うれしい柚子湯ですが、
入ると肌がピリピリして痛いということが
あります。

まるっきり平気という人もいますが、
私もピリピリする方で、
子供はあまりにも痛くて泣いたことが
あります。

 

なぜ、肌がピリピリ痛くなるのでしょうか?

その原因はいくつかあります。

 

まず、柚子などの柑橘類の皮に含まれている
リモネンという精油成分。

香りの元となる成分で、
リラックス効果や血行を促進する効果があると
言われています。

でも、とても酸化しやすく、
酸化すると肌に刺激を与える成分が
作られてしまいます。

そのせいで、肌がピリピリ痛くなるんです。

 

また、リモネンには油脂を分解する働きがあり、
洗剤にも利用されています。

なので、潤いの多い人は大丈夫でも、
乾燥しがちな人や肌の弱い人、
まだ皮膚の薄い子供には刺激が強く、
必要以上に皮脂を落としてしまうと
考えられます。

 

次に、柚子の果汁

柚子の果汁は、強い酸性で肌にとっては
結構な刺激があります。

柚子を切った状態で入れたり、
ギュッと絞るとたくさん果汁が出るので、
危険です。

 

他には、肌が乾燥していると、

バリア機能が落ち、刺激に弱くなったり、
乾燥すると痒くて掻いてしまい、
そこにしみて痛いということもあるようです。

 

どれだけギューギュー絞ろうが、
全然何ともないという人もいますが、
特に肌の弱い人や柑橘系のアレルギーの
ある人は要注意です。

痛いとか痒いとかの症状が出たら、
すぐにお湯から上がり、
シャワーで洗い流してください。

 

うちの子供は、柚子湯に浸かって、
すぐに「痛いっ!」と泣き出しました。
急いでお湯から上がりましたが、
肌が真っ赤になってしまいました。

私はそこまで酷くはなかったですが、
痛痒い感じがしばらく続きました。

でも、何故か他の家族は全然平気で、
何とも言えない不公平感を感じています。

でも、私と子供はアレルギー持ちで、
肌もすぐに痒くなったりするので、
そのせいもあるのかなあ、と思っています。

 

繰り返しますが、
肌の弱い人、アレルギーの人は、
本当に気をつけてくださいね。

 

ゆず湯でピリピリしない対処方法は?

柚子湯は痛い!

そんなふうに、一度痛い目にあってしまうと、
次からは、冬至の日に柚子をお風呂に
入れることに、ちょっと勇気がいりますよね。

でも、良い香りもするし、
色々効能もあるし、何とか柚子湯に入りたい!

そんな時は、次の方法を試してみてください。

 

1)柚子はまるごと入れる
切って入れると、果汁が出やすくなって、
刺激で痛くなります。

 

2)柚子の数は少なめに
家庭用のお風呂なら、
1個、多くても2個が適量です。

 

3)柚子をもみほぐさない
丸ごと入れても、ギューギューと
もみほぐすと、リモネンや果汁が
しみ出します。

 

4)柚子を袋に入れる
柚子を切って入れる時はもちろんですが、
丸ごと入れる場合も、ガーゼや
目の細かい洗濯ネットなどに入れると、
刺激が少なくなります。

 

5)乾燥させた柚子の皮を入れる
柚子の皮だけ乾燥させて入れると、
ピリピリしにくくなります。

 

これでもダメという場合や、
真っ赤に腫れたり痒くなる場合は、
アレルギーの可能性もあるので、
無理はしないでくださいね。


スポンサーリンク

ゆず湯の効能も気になる?

ところで、何だかありがたい感じさえする
柚子湯ですが、どんな効能があるんでしょうか?

 

まずは、柑橘系の良い香りで、
リラックスやリフレッシュできるという
嬉しい効果があります。

 

そして、前述のリモネンが
新陳代謝を活発にし、血行を促進するので、
冷え性に効果があると言われています。

 

また、ビタミンCが豊富なので、
美肌効果も期待できます。

 

お湯の温度はぬるめにして、
ゆっくり浸かるほうが、
より効果が期待できそうです。

 

おわりに

柚子の香りの入浴剤でも、
十分よい香りがしますが、
やっぱりたまには、特に当時には
生の柚子もいいなあと思います。

肌の状態はかなり個人差があるので、
その人にあった方法で、
ぜひ、柚子湯を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク





-美容・健康
-,

執筆者:

関連記事

男性の日焼け対策

男性も日焼け対策しよう!日焼け止めのおすすめとケアの方法は?

暑くなると、肌を露出する服を着る機会が増えるので、 気になってくるのがお肌の日焼けです。 なので、日頃からの日焼け対策が大切です。   でも、日焼け対策は女性がするもので、 男性は特に何もす …

髪洗えない

髪が洗えない時はウェットティッシュ?頭の臭いとかゆみを消す方法!

体調が悪くて、お風呂に入る元気がない時ってありますよね。 でも、お風呂に入らないと 髪のべたつきや、頭皮の臭いやかゆみが気になります…   髪の毛や頭皮を洗わなくても べたつきや臭いが防げる …

えごま油

えごま油の効果と効能、おすすめの食べ方は?ごま油との違いは?

巷で話題のえごま油、 健康にとても良いと言われています。 スポンサーリンク 特に、体に衰えを感じ始める中年以降、 手軽に取り入れられる健康対策は ぜひ試してみたいですよね。 そこで、気になるのはその効 …

花粉 目のかゆみ

花粉症 目のかゆみの対策とおすすめの目薬は?病院は何科?

花粉症と言えば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、 そして、忘れていけない目の痒み。 ついついこすり過ぎて、 痛くなってしまったり、 真っ赤になったりしてませんか? そこで、こんな我慢できない目の痒みを 抑え …

疲れ目

目の疲れ 眼球を押すのはやめて!解消方法と食べ物はこれ!

あなたは目を使いすぎていませんか? そのせいで、目が疲れて疲れてもう大変で・・・、 という人も多いです。 スポンサーリンク そんな目の疲れには眼球のマッサージが良いらしい、 なんていう話も聞きますが・ …