いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

美容・健康

背中が汚いのはニキビが原因?治し方とおすすめのケア用品2種!

投稿日:2016年4月10日 更新日:

背中

これからどんどん薄着になる季節、
襟周りが大きく開いた服を着る機会も
増えますよね。

でも、背中が汚いかも・・・と気になってる人も多いのでは?
背中がちらりともでも見える服は
ちょっと敬遠しがちです。

 

そんな背中の悩みは、ニキビが原因のことも・・・。

背中ニキビの原因治し方を知って、
早め早めに対策しましょう。

おすすめのケア用品もご紹介します。

 

スポンサーリンク

背中ニキビの原因は?

背中にできるニキビは、
痒いし、痛いし、服は選ぶし、
なかなか治り辛いし、
ホントに厄介な困りものです。

背中ニキビの状態や数は人それぞれ、
そして、原因もいくつかあります。

 

1.ストレス
強いストレスを感じると、男性ホルモンが
過剰に分泌されるようになります。

男性ホルモンには、皮脂を分泌したり、
肌の角質を増やすといった作用があります。

皮脂や角質が増えすぎると、
毛穴が塞がれてしまい、
ニキビの原因になります。

 

2.背中の汚れ
汗をかいたままにしたり、
シャンプーやリンス、
ボディーソープなどのすすぎが不十分だと、
毛穴が詰まってしまったり、
雑菌が繁殖しやすくなり、
ニキビができてしまいます。

 

3.肌の乾燥
肌が乾燥してしまうと、
潤さなくてはならないと、
過剰に皮脂が分泌されます。

そのため、毛穴が詰まってしまい、
ニキビの原因に・・・。

 

4.不規則な食生活と睡眠不足
偏った食生活や睡眠不足が続くと、
ホルモンバランスが乱れてしまいます。

すると、過剰に乾燥したり、
皮脂が分泌され過ぎたりということになり、
結果、ニキビができてしまいます。

特に、食事制限をするようなダイエットは
要注意です。

 

この中でも、特にストレスは睡眠不足や
食生活の乱れに繋がりやすく、
ニキビの原因の大きな要素です。

 

 

背中ニキビの治し方は?

ニキビができないようにするには、

・ストレスを溜めない
・身体を清潔に保つ
・乾燥させない
・規則正しい食生活と睡眠

ということが大切です。

特に、ストレスはニキビの大きな原因です。

 

とは言え、ストレスを無くすというのは、
そう簡単なことではありません。

まずは、出来ることからしてみましょう。

 

 

1.シャンプーとリンスは身体を洗う前にする

シャンプーやリンスは
しっかり洗い流したつもりでいても、
意外と残っているものです。

特に背中は残りやすいので、
身体を洗うのは洗髪の後にしましょう。

 

2.背中は優しく洗う

硬いナイロン素材のボディタオルで
ゴシゴシ洗うとニキビが潰れてしまったり、
肌にキズがついたり、
必要な皮脂まで落としてしまい、
肌の乾燥につながります。

顔を洗うのと同じように優しく洗いましょう。

 

また、石けんやボディソープは、
できるだけ界面活性剤や香料などが
入っていないものを選びましょう。

界面活性剤や香料などは刺激も強く、
潤いを落とし過ぎるなど、
肌に負担がかかります。

 

特に、ボディーソープには界面活性剤を
使っているものが多いですが、
無添加のものもあります。

例えば、『シャボン玉石けん』には、
無添加のボディーソープがあります。

固形石けんが好みの場合は、
『牛乳石鹸』、『シャボン玉石けん』、
『ミヨシ石鹸』、『ペリカン石鹸』などが、
あります。

ドラッグストアにもあるので、
手に入りやすいと思います。

 

3.自然素材の肌着を着る
タンクトップやTシャツなどの肌着は、
化繊ではなく自然素材のものにしましょう。

化繊は肌への刺激があり、人によっては
痒みが出たりすることもあります。

もちろん、ニキビにも良くないので、
柔らかい肌触りのシルクや綿のものが
おすすめです。

 

4.背中をしっかり保湿する
身体を洗って清潔にしたら、
しっかりと保湿をしましょう。

油分が多いボディークリームは、
毛穴を塞いでしまう恐れがあるので、
ボディーローションがおすすめです。

ニキビ専用のローションやジェル、
クリームというものもあるので、
乾燥具合を見ながら自分に合いそうなものを
選んでください。

 

5.食生活を改善する

まず、脂質や糖質の摂り過ぎは、
ニキビが出来やすい体質になってしまうので
要注意です。

 

ニキビ改善におすすめの栄養素は、

ビタミンA・・・ニンジン、シソ、レバー
ビタミンB2・・・のり、レバー、納豆
ビタミンB6・・・にんにく、ゴマ、のり、マグロ
ビタミンC・・・赤ピーマン、ブロッコリー、アセロラ、いちご
ビタミンE・・・ひまわり油、赤ピーマン、梅
ミネラル・・・のり、納豆、切り干し大根
コラーゲン・・・手羽先、牛すじ

などです。

 

普段の食事から摂るのが一番良いのですが、
なかなか難しいかもしれません。

そういう場合は、サプリメントも
取り入れてみましょう。

 

6.質の良い睡眠を取る

肌のターンオーバーさせる成長ホルモンは、
睡眠後3時間がピークで、
特に22時くらいから2時くらいまでの間が
1番活発になると言われています。

なので、そのくらいの時間には寝ている状態に
しましょう。

それが、難しい場合には7時間は睡眠時間を
取れるように心がけましょう。


スポンサーリンク

背中ニキビのケア用品 おすすめは?

背中ニキビ、少しでも早く何とかしたい!
そんなあなたにおすすめのケア用品があります。

 

1.木酢液
木酢液は、木炭をつくる時に出る煙を、
冷やして液体にしたもので、
殺菌作用や消炎作用があると言われています。

ニキビが気になる人におすすめです。

 

使い方は、キャップ1杯の木酢液を
お風呂に入れて入浴します。

湯冷めしにくくなったり、
肌がしっとりしますよ。

洗顔に使う時は、水やぬるま湯200mlに
数滴垂らすようにしてください。

 

木を燻した時のような
独特の臭いがありますが、
使う量は少量なので、
慣れてくるとあまり気にならなくなります。

 

 

2.ニキビ対策用のクリーム

ニキビ対策用の製品は色々あって、
クリームタイプ、ジェルタイプ、
スプレータイプと様々です。

使い方や使い心地など好みもありますが、
できれば保湿効果が高いものを選びましょう。
べたつかないと尚良いですよね。

例えばこちら。
⇒ 背中や腕などのニキビケアに!プラクネ♪


↑こちらは、保湿もできて、背中はもちろん、
顔など体全体に使えます。

また、化粧水や美容液などの役割もある
オールインワンなので、
普段のお手入れもこれ一つですみますよ。

 

おわりに

ニキビのケアと予防には、

・ストレスの軽減
・規則正しい食生活
・良い睡眠
・身体の洗い方などの工夫

が大切です。

 

今あるニキビを治し、
これ以上できないようにするためにも、
しっかりと対策・予防をするように
しましょう。

スポンサーリンク





-美容・健康
-, ,

執筆者:

関連記事

泣く赤ちゃん

ロタウイルス 赤ちゃんの看病どうすればいい?消毒と洗濯の方法は?

冬から春にかけて流行る ロタウイルス。 6ヶ月~2歳くらいの乳幼児に多い 嘔吐と下痢が特徴の感染性胃腸炎です。 スポンサーリンク   もし、赤ちゃんがロタウイルスに なってしまったら・・・。 …

ウイルス

手足口病に大人が感染 症状は?いつまで続く?仕事どうする?

手足口病は、三大夏風邪のうちの一つです。 スポンサーリンク 小さな子供が保育園でもらってくることが多く、 子供の病気と思われがちですが、 大人にもしっかりうつります。 大人がなってしまった時の症状や、 …

湿度 温度

インフルエンザ予防には湿度が肝心!加湿器のおすすめタイプは?

またまたインフルエンザの足音が 聞こえてくる季節になりました。 誰しもインフルエンザなんかに なりたくはありませんが、 目には見えない敵なので 厄介です。 出来るだけならないようにするには、 予防がと …

泣く 赤ちゃん

ロタウイルス 赤ちゃんの症状と治療法は?一度かかるともうならない?

乳幼児がかかりやすい ロタウイルス胃腸炎。 嘔吐と下痢が特徴です。 スポンサーリンク 6ヶ月~2歳くらいの子供に多く、 5歳くらいまでには、 ほとんどの子がかかると言われています。 そんなロタウイルス …

髪の毛

髪の毛がパサパサになる原因は夏?!対策にはオイルがおすすめ!

夏も終わり、秋になる頃、 妙に髪の毛がパサパサするような・・・、 ということはありませんか? スポンサーリンク この髪の毛のパサつき、 夏が原因かも?! 気になる髪の毛の パサパサの原因と対策、 オイ …