いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

美容・健康

指のさかむけの治し方と原因は?アロンアルファ使っても大丈夫?

投稿日:2017年10月11日 更新日:

指のさかむけ(ささくれ)

乾燥する時期になると、
指にさかむけ(ささくれ)がよくできます。

浅く薄い皮がすこ~しだけめくれてるなら
まだ良いんですが、
これが深くて分厚い皮だと
痛いんですよね。

そこで、そんな厄介者のさかむけ(ささくれ)を
治す方法とできてしまう原因
アロンアルファを使って治すという方法が
本当に大丈夫なのか
お伝えしていきたい思います。

スポンサーリンク

指のさかむけの治し方は?

さかむけ(ささくれ)ができてしまったら、
無理やり引っ張って皮をちぎったり
剥いてはいけません。

さかむけ(ささくれ)の根本の皮膚に傷がついて、
出血をしたり痛い思いをします。

そこから細菌感染をして膿んだり
パンパンに腫れることもあります。

 

でも、さかむけ(ささくれ)が引っかかったりして、
気になりますよね。

なので、無意識に剥いてしまう前に、
消毒した清潔なハサミや爪切りを使って、
さかむけ(ささくれ)を根本のあたりで
切り離します。

その後、ワセリンやハンドクリームで
保湿します。

さかむけを切った後、
そこから広がらないようにするために
液体絆創膏を塗るという方法もあります。

 

私も使ってみましたが、
水にも強くなかなか使えました。

ただ、浅いさかむけなら大丈夫ですが、
ちょっと痛いような深いさかむけだと
塗った時、一瞬シミます。

でも、その後は水仕事も平気ですし、
衣類などにも引っ掛からなくなるので、
便利ですよ。

もし、もうすでに傷になって
出血しているような時は、
消毒液で消毒をしてから絆創膏を貼って保護します。

 

膿んで腫れてしまっている時は、
病院に行くのが一番ですが、
なかなか行けないときもありますよね。

我が家でも誰かがさかむけを悪化させて、
そういうことになった時は、
次のようにしていました。

そんな時は、熱して消毒した針しっかり)でつついて膿を出します。
ちょっと痛いですが、ちょっとずつ膿を出し、
消毒液で消毒をして、絆創膏を貼って保護します。

絆創膏はこまめに替えるようにしてください。

 

あくまで、応急措置なので、
もし、自分で処置するのは心配だったり、
膿んできた、腫れがひかない、
とにかく痛い、というような時は、
ちゃんと病院で診てもらってください。

(私も過去、とんでもなく腫れたことがあって、
その時は皮膚科で診てもらいました)

 

スポンサーリンク

指のさかむけの原因は親不孝って本当

さて、そんな忌々しいさかむけ(ささくれ)ですが、
なぜ、できるのでしょうか?

さかむけ(ささくれ)の原因は親不孝、
なんていうのもよく聞きます。

そう言われる理由はというと、

自分の体のケアがちゃんとできないなんて、
親からもらった体なのに、親不孝者め!

という説や、

さかむけができると、
炊事や洗濯などの水仕事が手伝えないから
親不孝(そういう時代だったんですね)

など、諸説ありです。

 

実際は、

・指の皮膚の水分と油分がなくなって乾燥する
・よく水仕事をする
・ビタミンA、B2、Cなどの栄養不足

というのが主な原因です。

 

嫌~なさかむけ(ささくれ)を予防するには、
普段からハンドクリームでしっかりケアすることが
大事です。

ハンドクリームを手に塗る時に、
そのまま指先までしっかり伸ばし、
さかむけ(ささくれ)ができやすい爪の横を
マッサージするように塗り込んでやると
効果的です。

血行も良くなって爪のケアにもなります。

 

また、水仕事の後はしっかり水気を拭き取り、
必ずハンドクリームをつけることを
習慣づけましょう。

 

大事な栄養素であるビタミンA、B2、Cが不足すると、
さかむけができやすいそうです。

ビタミンA・・・豚肉、卵、チーズ、レバーなど
ビタミンB2・・・レバー、うなぎ、納豆など
ビタミンC・・・レモン、ピーマン、ブロッコリーなど

これらの食品に多く含まれているものなので、
普段の食事から取り入れていきたいですね。。

さかむけにアロンアルファって大丈夫?

さかむけ(ささくれ)には、
アロンアルフアを塗ると良いと言う説を
聞いたり見たりしたことはありませんか?

これ、大丈夫ではないので、おすすめはできません。

アロンアルフアは元々、戦争中に応急措置的に
傷をくっつけるための医療用に作られたものだと
言われているそうですが、
現在市販されている、一般製品用のアロンアルフアは
工業用から始まった文房具や工作用としてのものです。

医療用のアロンアルフアもあります。
こちらは人体には安全なものだそうですが、
残念ながら市販されていません。

なので、さかむけ(ささくれ)を保護したり、
傷をふさぐためなら液体絆創膏がおすすめです。

 

おわりに

ふと気がつくとできているさかむけ(ささくれ)。
イラッとさせられる嫌なやつですが、
日頃のちょっとした手間で出来にくくなります。

さかむけができる時期は、
たいてい手も乾燥しているので、
ハンドクリームで一緒にケアしてあげましょう。

スポンサーリンク





-美容・健康
-, ,

執筆者:

関連記事

鼻水

正しい鼻のかみ方と子供への教え方は?かまないとどうなる?

風邪をひいたり、アレルギーのせいで、 鼻水が垂れっぱなしになるのって、 本当に嫌になりますよね。 いつも、ズルズルさせていると、 本人も周りの人も気になって仕方ありません。 スポンサーリンク 特に、小 …

髪の毛の日焼け対策

髪の毛の日焼け対策 日焼け止めにおすすめなものと落とし方は?

日差しが強くなってきたり、 晴れている日は、 やっぱり日焼けが気になります。 なので、顔や腕などには日焼け止めを塗ったりして、 ちゃんと日焼け防止をしていますよね。 でも、髪の毛は特に何もしていない、 …

頭 髪

頭皮の臭い 原因は?対策はどうする?正しいシャンプーの方法は?

ちゃんと頭は洗ってるはずなのに、 何か臭う・・・。 スポンサーリンク 触るとベタつくし、脂っぽい気がする・・・。 それ、シャンプーの仕方が間違っているせいかも しれません。 頭皮が臭う原因と対策、 正 …

プール熱

プール熱は大人もなる?予防法は?一度かかるともうならないの?

夏風邪の定番、『プール熱』。 アデノウイルスが原因の病気で、 正式名は咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)といいます。 スポンサーリンク 『プール熱』の名の通り、プールで感染することが多いため、 子供の …

ゆず湯

ゆず湯がピリピリ痛い原因と対処方法は?効能も気になる?

冬至と言えば、柚子(ゆず)湯。 爽やかで良い香りに、 とっても癒やされますよね~。 あの柚子の黄色もお風呂の温かさが 倍増するような気がして、 いい感じです。 スポンサーリンク   でも、柚 …