セーターの毛玉取り方法 おすすめは?毛玉の原因と予防方法

 

セーター、カーディガン

お気に入りのセーターに毛玉ができちゃうと
何だかショックですよね。

着られないわけじゃないけど、
できれば毛玉のない状態で着たいものです。

そこで、おすすめの毛玉の取り方と、
毛玉ができる原因毛玉を防止する方法
あわせてご紹介します。

スポンサードリンク

セーターの毛玉取り方法 おすすめは

お気に入りでよく着るセーターはもちろん、
一回しか着てないセーターでも、
毛玉ができることがあります。

毛糸を編んで作ってあるニット素材の洋服の宿命とも言えます。

毛玉が目立ってくると、ちょっと着るのを
ためらっちゃいますよね・・・。

なので、毛玉を取り除いて、
お気に入りのセーターをまた活躍させてあげましょう!

 

・ハサミ

毛玉が大きめで、まだ少ない状態なら、
ハサミがおすすめです。

毛玉を一つずつつまみ、切り取ります。

この時、あまり毛玉を引っ張りすぎると、
セーターの生地も引っ張られて痛むので、
引っ張りすぎないよう注意してください。

ハサミは、眉毛ハサミや鼻毛ハサミなど、
小さめのハサミが使いやすいです。

 

・T字カミソリ

T字カミソリ

↑こんな形のカミソリを使います。
T字カミソリは、ドラッグストアや100円ショップで購入できます。

セーターを平らな状態にして、
優しくなでるようにします。

カミソリを少し浮かすようにするのがポイントです。

セーターにカミソリを強く当てすぎると、
穴が空いたり、毛が一部だけはげたりするので、
一定の力で優しくやってください。

毛足の長いセーターの方が、
T字カミソリは向いていると思います。

 

カミソリ

↑こういう形のカミソリでもできますよ。

 

・毛玉取りブラシ

毛玉取り専用のブラシというのがあります。

こちら↓

 

セーターを平らな状態にして、
優しくなでるようにブラシをかけます。

きれいに毛玉が取れると評判です。
ただ、取れにくい素材もあるようです。

あまり強くこすると、余計に毛羽立つことがあるので
注意してください。

 

・電動毛玉取り器

↑こちらはカッターが大きく、
生地を傷めにくい工夫がされていて、
人気のある毛玉取り器です。

くるくると回しながら毛玉を取っていきます。

毛玉が面白いくらいよく取れますが、
やり過ぎると生地が薄くなったり、穴が空いたりするので、
ほどほどにするようにしてください。

 

他にも、毛玉取りにスポンジを使うという方法がありますが、
毛玉を切り取るわけではなく、
スポンジのザラザラ面でこすって取るため、
生地が痛みやすくなるので、
毛羽立ったり、セーターの寿命が縮みます。

急いで何とかしたいんだけど、
スポンジならある!という時には、
お役立ちなアイテムです。

 

私はセーターだけでなく、
靴下にもよく毛玉ができるので、
ハサミで切り取ってますが、
セーターと違って平らにするのが難しいので、
中に手を入れて伸ばしながらやってます。

このときも、生地まで一緒に切ってしまわないように、
生地より少し浮かせて毛玉だけ切るように気をつけています。

 

靴下の毛玉をハサミで取りました!

人前で靴を脱ぐにはちょっと抵抗のある感じの
毛玉だらけの靴下があったので、
ハサミで毛玉取りをしました。

 

↓こんな感じの毛玉具合です。

靴下毛玉あり

かかとの部分です。つま先も負けないくらい毛玉すごいです。

 

このくらいの量でちょっと大きめの毛玉は、
ハサミで取りやすいです。

 

ここまですごいものだとハサミではちょっと難しいです・・・。↓

毛玉だらけ靴下

毛玉が細かくて、量も多いです。

 

 

ハサミはこんな感じの小さめのものが良いですよ。↓

ハサミ

100円ショップで買ったハサミです。

 

 

ハサミはできるだけ寝かせて、
ちょっと浮かせた状態で使います。
でないと、ハサミの先でうっかり生地を切ってしまう恐れがあります。

ハサミは寝かせて

毛玉の根本を切るように・・・

 

 

こんなにスッキリしました!

靴下毛玉なし

とりあえず人様に見せられる状態になりました。

これならどこへ履いていっても安心です。

結構簡単にできるので試してみてくださいね。

スポンサーリンク

 

セーターの毛玉ができる原因は?

セーターやカーディガンなど編んで作られているものは
特に毛玉ができやすい衣類です。

毛玉は、セーターの袖と身頃、
セーターと他の衣類などとが擦れ合って摩擦が起き、
毛羽立った繊維が絡み合うことが原因でできます。

 

特に、袖の内側や脇は身頃と擦れやすいので毛玉ができやすく、
セーターの上にセーターを重ねたり、
コートや上着を着たりすることでもできやすくなります。

また、セーターに直接バッグやリュックが触って擦れることでも、
簡単にできてしまいます。

 

毛玉ができやすい素材というものもあります。

ウール、アンゴラ、アクリルやポリエステルなどの化学繊維は
100%か混ざっているかにかかわらずできやすく、
綿や麻のものはできにくいです。

セーターの毛玉 予防するには?

セーターの毛玉は、袖や脇などどうしても避けられない部分もあるので、
完璧にできないようにするのは難しいですが、
できるだけできないようにしたいものです。

 

・洋服用ブラシでブラッシング

まず、セーターを着たら、洋服用ブラシで
ブラッシングします。

この時、ブラシを色々な方向に動かさず、
毛並みを整えるように一定方向に優しく撫でるように
ブラッシングします。

 

・バッグやリュックをセーターに直接触らないようにする

斜めがけバッグは一発で毛玉ができます。(←経験済み)

上から一枚羽織るなどできれば良いですが、
無理な場合は、毛玉ができたらひどくなる前に
すぐにケアするようにしましょう。

その場合も、まずブラッシングすると、
毛玉が落ち着くことがありますよ。

 

・同じセーターばかり続けて着ない

セーターは着た分だけ擦れるので、毛玉ができます。
一回着たら少しお休みが必要です。

 

・洗濯は裏返してネットに入れる

ネットは大きすぎないものにしてください。
選択している間にネットの中で動きすぎると、
それがまた生地同士が擦れ合う原因になり、
毛玉ができます。

おしゃれ着洗の洗剤を使用し、
洗濯機もドライコースやソフトコースなど、
弱い水流であらうようにしてください。

 

おわりに

毛玉は気をつけていても気づいたら、
できていますよね。

ある程度はあきらめも必要ですが、
お気に入りのセーターをできるだけ長く着るためにも、
できるだけ毛玉ができないように気をつけて、
できてしまった毛玉は優しく取ってあげましょう。

毛玉がうまく取れると面白いので、
つい力が入ってやりすぎますが、
一部だけやたら薄くなってしまったことがあります。

何事もほどほどですね・・・。

スポンサーリンク