いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

美容・健康

髪の毛の日焼け対策 日焼け止めにおすすめなものと落とし方は?

投稿日:2018年5月20日 更新日:

髪の毛の日焼け対策

日差しが強くなってきたり、
晴れている日は、
やっぱり日焼けが気になります。

なので、顔や腕などには日焼け止めを塗ったりして、
ちゃんと日焼け防止をしていますよね。

でも、髪の毛は特に何もしていない、
という人が多いんじゃないでしょうか?

 

何だか髪の毛がパサパサしてきたり、
せっかく綺麗にいれてもらった
カラーリングが落ちてきたり・・・。

そんな髪の悩みは、
実は日焼けが原因ということもあるんです!

 

そこで、髪の毛の日焼け対策や、
髪の毛におすすめの日焼け止めなどについて、
ご紹介します。

 

スポンサーリンク

髪の毛の日焼け対策 どうすればいい?

髪の毛は身体のてっぺんにあって、
一番日が当たるところです。

当然、日焼けもします。

 

でも、顔の日焼けはすごく気になっても、
髪の毛のことは、あまり意識していないんじゃ
ないでしょうか?

髪の毛は、実は紫外線に弱いんです。

ずっと、紫外線に当たり続けると、
キューティクルがはがれてしまいます。

 

髪のダメージについてはこちら ↓

【髪の毛がパサパサになる原因は夏?!対策にはオイルがおすすめ!】

 

 

なので、顔や身体と同じように、
日焼け対策をしましょう。

 

とはいっても、髪の毛の日焼け対策って、
どうしたら良いのかわかりませんよね。

顔や体用の日焼け止めを
そのまま塗ってもいいの?

なんて思っちゃいます。

 

とりあえずは、まず、手軽にできる日焼け対策、
帽子をかぶってみましょう。

 

日焼け止めで帽子をかぶる場合は、
必ず「UVカットつき」と書いてあるものを
かぶるようにしてください。

これがついていないと、
せっかく帽子をかぶっていても
日焼け防止の意味がなくなってしまいます。

 

また、UVカットの帽子には、
色々なデザインがありますが、
大抵はツバが広めのものが多いです。

顔の日焼け防止も兼ねて、
ツバは横側も広めのものがオススメですよ。

首用の日除がついているものもあるので、
首の日焼けが気になる人は、
ぜひチェックしてみてください。

 

帽子をかぶれない時の髪の毛の日焼け対策には、
日傘もオススメです。

日傘もUVカットされているものが、
良いですよ。

折りたたみのタイプもあって、
コンパクトで軽量なものなら、
バッグに入れてもそれほど邪魔になりません。

 

ただ、職業によっては帽子が被れなかったり、
UVカットの帽子には好みの物がなかったり、
また、日傘を差すのは難しかったりなど、
帽子や日傘を使えないこともあるかもしれません。

 

そこで、おすすめは日焼け止めです。

スポンサーリンク

髪の毛の日焼け止め おすすめは?

私もカラーリングをしていて
髪の毛の色落ちが気になりますが、
あまり帽子が似合わないし、
かぶりたくないなあというのが本音です・・・

そんな人におすすめしたい方法は、
「日焼け止めスプレー」です!

 

クリームではなくスプレーなので、
髪の毛をセットした後にシュッとかければOKです。

スプレータイプの日焼け止めは、
べた付きもしにくいので、
髪の毛に使いやすいですね。

 

日焼け止めのスプレーを選ぶときは、
紫外線を防ぐ能力の高い、
「PA」と「SPF」の数値が
なるべく高いものを選ぶようにしましょう。

 

PAとSPFについてはこちら ↓

【日焼け止めのSPFとPAって何?選び方は?雨や曇りでも必要?】

 

日焼け止めスプレーは、
顔や体に使うものと共用で大丈夫です。

もし、普段から日焼け止めは
スプレー派だという人は、
そのまま使えるので便利ですね。

 

もちろん、髪の毛用の日焼け止めスプレーもあります。

トリートメント効果が高いものや、
子供でも安心して使えるもの、
水にも強いものなど、
様々なタイプがあります。

 

例えば、こちらは↓子供にも顔にも使える日焼け止めスプレーです。

SPF50+ 、PA++++なので、日焼け止め効果も高く、
白浮きしないのもうれしいです。

落とす時は石けんでOKですよ!

 

 

 

他にも、顔用の日焼け止めスプレーのように、
顔や全身にも使えるものもあるので、
生活スタイルや好みにあったものを
選んでくださいね。

 

髪の毛の日焼け止め 落とし方は?

次は、日焼け止めの落とし方についてです。

髪の毛につけてもいいとはいっても、
ギシギシになってしまったり、
傷んでしまっては、
日焼け止めをする意味がなくなってしまいますね。

そこで、髪の毛が傷まない、
日焼け止めの落とし方について
紹介していきます。

 

日焼け止めを落とす際には、
専用のクレンジング等は
必要ありません。

普通に髪の毛を洗うのと同じように
シャンプーだけでキレイに落ちます。

 

ただ、日焼け止めスプレーをたくさんかけていると、
シャンプーの泡立ちが悪い場合があります。

その時には、もう一度シャンプーをして、
しっかり落としましょう。

その後は、コンディショナーやトリートメントで、
ケアをしておきましょう。

 

おわりに

今回は、髪の毛が傷まないように
日焼けを防ぐ方法をご紹介しました。

特に、夏になると、
カラーを楽しむ方も多くなると思います。

私も、夏はほかの季節よりも
明るい髪色にしている
人間の一人です!

せっかくのキレイなヘアカラーを、
なるべくそのままの色で維持するには、
日々のシャンプーやトリートメントなどで
スキンケアをするだけではなく、
夏の強い日差しから守ることも大切です。

 

海やプールBBQなど、
外に出る機会が増える夏。

今年は体だけでなく
髪の毛の日焼けにも気を使っていきましょう!

スポンサーリンク





-美容・健康
-,

執筆者:

関連記事

プール

プール熱の症状は?お風呂どうする?プールはいつから入れる?

夏になるたびに流行る『プール熱』は、夏風邪の代表選手です。 正式名は咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)といって、 アデノウイルスが原因でかかります。 プールで感染することが多いので、 『プール熱』とい …

のどが痛い

喉が痛いのを治す方法と飲み物と食べ物 れんこんスープがオススメ!

風邪だか何だかよくわからないけど、 とにかく喉が痛いという時、 ありますよね? 特に子供が痛がっているのを見ると、 とても可哀想です。 でも、すぐには病院には行けないということも あります。 そこで、 …

水分補給

経口補水液とスポーツ飲料の違いは?作り方と保存、飲み方は?

暑い夏以外でも、 年がら年中気をつけたい「熱中症」。 運動会の練習や部活の最中に 熱中症になったというニュースも よく聞きます。 そして、脱数症状の一歩手前、 自分でも気が付かないうちに 体の水分が少 …

日焼け止め

日焼け止めのSPFとPAって何?選び方は?雨や曇りでも必要?

春先から着々と強くなる紫外線。 怖~いシワやシミの予防のためにも 紫外線対策は必須です。 真っ先に思い浮かぶ紫外線対策といえば、 日焼け止めを塗ることですよね。 スポンサーリンク   でも、 …

インフルエンザ 予防接種

インフルエンザ予防接種 子供の回数と2回目の間隔、時期は?

毎年必ずと言っていいほど流行る インフルエンザ。 冬の流行が多いですが、 最近は春まで続いたり、 秋口から流行りだしたりと 油断できません。 スポンサーリンク 念の為にインフルエンザの予防接種を する …