リトルワールドの民族衣装 人気はどれ?大きいサイズと時間についても紹介!

リトルワールド 民族衣装

海外旅行に行きたい!

でもお金も時間もない!!

 

そんなあなたにおすすめなのが
野外民族博物館「リトルワールド」です。

 

愛知県犬山市にあるリトルワールドは
世界各国の代表的な建物や
伝統料理が味わえるレストラン、
民芸品や雑貨なども購入できるテーマパークです。

世界をぎゅっと濃縮した空間ですので、
おでかけスポットとしても人気があります。

 

その中でも一番人気なのが
世界各国の民族衣装体験!

 

「でも衣装の種類がたくさんありすぎて、
どれを選べばいいか迷ってしまう」

「女の子同士で行きたいけど、どの衣装が着られるかな?」

 

そんなお悩みを解決するために、
ここではおすすめの民族衣装
衣装のサイズ、着ていられる時間など、
リトルワールドの民族衣装の魅力について
ご紹介していこうと思います。

 

スポンサードリンク

リトルワールドの民族衣装 人気がある衣装はどれ?

 

リトルワールドでは、
全11地域の42種類にものぼる衣装を
実際に着ることができます。

もちろん写真撮影もOKですよ。

衣装の利用料金が1着300円~500円で気軽に着られる点も
人気のひとつですね。

 

◆リトルワールドの民族衣装の種類

リトルワールドには下記の11の地域の衣装があります。

1. 沖縄の民族衣装
2.中国の民族衣装
3.韓国のチマ・チョゴリ
4.中南米の民族衣装
5.パリ島の民族衣装
6.ドイツの民族衣装
7.イタリアの民族衣装
8.アルザス地方の民族衣装
9.トルコの民族衣装
10.インドのサリー
11.南アフリカ、ンデベレの民族衣装

 

 

その中でも、女性に人気の衣装をご紹介します。

 

■チマ・チョゴリ
まずはお隣の韓国の伝統的な民族衣装であるチマ・チョゴリ。

ドレスのようなフォルムでかわいらしさと
上品さを兼ね備えた衣装です。

下に着るチマ(スカート)はウエストよりも高い位置で着るので
スタイルが良く見えるのでおすすめですよ。

 

■インドの民族衣装
女性に人気のインドの民族衣装、サリーは
一枚の布をまるでドレスのように身体に巻きます。

カラフルなデザインなので
インスタ映え間違いなしです!

 

■アルザス伝統衣装
赤、白、黒のはっきりした色合いが美しい
アルザス地方の伝統衣装は、まるでおとぎ話の
主人公になったような気分を味わえます。

余談ですがアルザス地方はジブリの
「ハウルの動く城」の舞台にもなっています。

その世界観を存分に楽しんでください。

スポンサーリンク

この他にもかわいらしい、かっこいい、
ユニークな伝統衣装がたくさんあります。

 

衣装の貸出場所周辺を衣装を着たまま
お散歩することもできるので、
異国の雰囲気を味わいながら楽しめますね。

 

子供サイズの民族衣装についてはこちら ↓

【リトルワールド 所要時間は?衣装の子供サイズと食べ物の持込みについて】

 

リトルワールドの民族衣装 大きいサイズもあるの?

 

自分の体型にあった衣装が着られるか、
気になりますよね。

一応目安のサイズはありますが、
衣装によって実際に着たときの着心地は異なります。

そのため自分の体型に合う、合わないは、
実際に衣装の貸出場所に足を運び、
試着することをおすすめします。

 

ここでは参考までに、比較的大きめのサイズを
扱っている女性用の衣装についてご紹介します。

 

ドイツ衣装:165cmのものやXLのものも取り扱っています。

イタリア衣装:165cmのものを少し多めに扱っています。

南アフリカ衣装:唯一特大サイズを扱っています。

トルコ衣装:170cmのものも扱っています。

 

こちらはリトルワールドのHP内にある、
民族衣装のサイズ一覧表です ↓

【民族衣装サイズ一覧表】

 

参考にしてみてくださいね。

 

リトルワールドの民族衣装 着ていられる時間はどれくらい?

 

民族衣装の利用できる時間は10分ほどなので、
衣装を着ていろんな所に行くことはできません。

しかし、記念写真を撮るなら十分な時間と言えるでしょう。

 

周囲をぶらっと散歩する程度なら可能なので、
遠くに行きすぎない程度に
楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

周辺には同じように衣装体験をしている人が
たくさんいるので、民族衣装のオールスターのような
雰囲気でなかなか楽しいですよ。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

野外民族博物館のリトルワールドに興味を持たれましたか?

 

単なるコスプレか…と甘く見ていると、
本格的な衣装と周囲の雰囲気に圧倒されることでしょう。

日本にいながら異国の地の体験ができる民族衣装体験。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク