いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

生活

国民年金は20歳から 学生はいつから?親が払う?学生納付特例制度の追納とは?

投稿日:2018年5月30日 更新日:

国民年金 学生 いつから

日本に居住している20歳以上、60歳未満の人は、
国民年金の被保険者となります。

20歳になれば国民年金第1号の加入手続きをして
毎月保険料を納めることが必要です。

それは、たとえ学生であっても例外ではありません。

 

現在の保険料は月額1万6000円弱です。

しかし、大学や専門学校などに通っている収入のない学生にとって、
保険料を支払っていくのは、なかなか困難なことです。

「学生の場合、国民年金の支払いは免除されないの?」

「後払いできない?」

ついつい、そんな風に思ってしまいますよね。

 

そこで、そんな疑問を解決するべく、
国民年金保険料の支払いに関してや、
学生納付特例制度についてを
ご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

国民年金は20歳から 学生はいつから払うの?

「20歳になったけど、学生の場合、
国民年金はいつから払うの?」

そろそろ20歳になろうとしている学生さん、
そんなことをふと考えたことはありませんか?

 

国民年金は20歳になったら加入、
とよく聞きますよね。

けれど、学生だと収入もないので、
払えないという人が大半です。

 

だからといって、

「まだ働いてないし、支払わなくても大丈夫かも?」

なんて思ってる人は要注意です。

 

◆学生にも納付義務がある国民年金保険料

冒頭でも述べたように、
たとえ学生でも20歳になれば
国民年金を支払う義務が発生します。

誕生日の一ヶ月くらい前になると、
自分宛てに日本年金機構から大切なお知らせとして、
「国民年金加入のご案内」が届きます。

 

中には、

・「国民年金 加入手続きのご案内」」
・「国民年金被保険者関係届書(申出書)」
・「学生納付特例制度のお知らせ」
・「国民年金保険料学生納付特例申請書」
・「口座振替納付申出書」

などが入っています。

 

「国民年金被保険者関係届書(申出書)」は、
誕生日の前日から数えて14日以内に住んでいるところの
市役所や町村役場の国民年金の窓口に提出します。
(郵送もできます)

すでに、厚生年金に加入している人、
または、厚生年金に加入している人の配偶者の場合は、
提出は不要です。

 

手続き後、半月から1ヶ月ほどすると、
年金手帳と国民年金保険料納付書が届くので、
金融機関やコンビニ、あるいはクレジットカードで
月々の保険料を支払うことになります。

 

◆国民年金保険料学生納付特例制度とは?

しかし、学生で支払いが困難な場合は、
「学生納付特例制度」という制度があります。

申請することによって在学中の保険料の納付が猶予されます。

 

「国民年金保険料学生納付特例申請書」は、
「国民年金被保険者関係届書(申出書)」と
一緒に提出できます。

申請のときには学生であることを証明するもの
(学生証など)が必要です。

 

 

「学生納付特例制度」のメリット

国民年金に加入していると、
加入中に病気やケガで障害を負った場合は、
障害基礎年金が受け取れます。

保険料を納めないでいると、
障害基礎年金が受け取れない可能性があります。

 

しかし、「学生納付特例制度」の申請をしていれば、
万が一の時もちゃんと受け取れるので安心です。

 

 

「学生納付特例制度」のデメリット

気をつけなければいけないことは、
保険料の納付が「免除」ではなく「猶予」である点です。

 

簡潔に言うと、

学生納付特例制度を申請して、承認されている期間は
(大学や専門学校などに在学している期間)
国民年金の保険料を支払わなくていいですが、
国民年金を支払っていない期間があるので、
将来の年金受取額はその分少なくなりますよ。

ということです。

 

将来の国民年金を満額受給するためには、
学生納付特例期間中に納付できなかった保険料を
後から納付する必要があります。
(後ほど詳しくご説明します)

 

そのため20歳になった学生さんの
国民年金の支払い方法としては、

・自分で月々の保険料を支払う
・学生納付特例制度を利用して卒業後から支払う

という方法があります。

 

国民年金は現在の日本を支える、
そして将来の自分を支える大切な制度ですので
どちらの支払い方法にするかは
きちんと考えて決める必要がありますね。

 

学生納付特例制度についてはこちらもどうぞ ↓

【国民年金 学生納付特例制度の申請書と更新、就職後の手続きはどうすればいい?】

 

 

スポンサーリンク

国民年金 学生の場合は親が払うこともできる?

国民年金は、国民一人ひとりが支払うものではありますが、
まだ学生で在学中の場合は、
国民年金を支払うことは難しいかもしれません。

そのようなときは、親が支払うことも可能です。

 

実際に子供の在学期間中の保険料を
代わりに支払っている親御さんもいます。

もし、学生納付特例制度を利用して
就職してから支払うということにした場合、
若く収入が少ないうちは、
月々の国民年金保険料が負担になる可能性があるため、
というのも理由の一つでしょう。

 

もちろん、20歳になれば立派は大人なので
自分のことは自分で決めさせるという親御さんも
いらっしゃると思います。

20歳になったタイミングで
国民年金についてきちんと話をするのも
良いかもしれませんよ。

 

国民年金 学生納付特例制度を利用した場合の追納について

学生納付特例期間中に支払わなかった国民年金保険料に関しては、
10年以内であれば保険料を遡って納めることできます。

それを追納といいます。

 

追納をすることで将来受け取る年金の額が増額するので、
ぜひ追納することをおすすめします。

 

ここで注意しなければいけないのが、
学生納付特例期間の翌年度から起算して、
3年度目以降に追納する場合は
当時の保険料から経過期間に応じた加算額が上乗せされます。

わかりやすくいうと、
大学や専門学校を卒業後3年目以降に追納する場合は
もともとの保険料に加算額が上乗せされるということです。

 

加算額は少額ですが、
追納する場合は学校を卒業後すぐに実施したいですね。

 

おわりに

最後に国民年金の支払い時期に関して重要なことをまとめます。

・20歳になると、たとえ学生であっても
国民年金を支払う義務が発生する

・在学中に月々の保険料の支払いが困難な場合は、
「学生納付特例制度」を利用して、
保険料の納付期間を卒業後まで延ばすことができる。

・学生納付特例期間中に納付できなかった保険料は、
10年以内であれば支払うことができる。

 

いかがでしたでしょうか。

20歳になったばかりの学生の方々には
なかなかとっつきにくい国民年金ですが、
保険料を納付することは国民としての義務となっています。

ぜひ、この機会に国民年金について、
しっかりと考えてみてくださいね。

スポンサーリンク





-生活
-,

執筆者:

関連記事

うつぶせ寝

机にうつぶせで寝るとゲップが!楽な寝方とうつ伏せ寝枕って?

ちょっと仮眠のつもりで、 机に突っ伏して、うつ伏せで寝ると、 何故かゲップが出ませんか? スポンサーリンク ゲップが出てしまう理由と、 うつ伏せでの楽な寝方、 机でうつ伏せで寝るための枕を ご紹介しま …

カーテン

遮光カーテンの洗濯方法は?カビは落ちる?洗濯頻度は?

遮光カーテンは、 窓から入る光を防いで、 安眠に一役買ったり、 室内の温度が上がりにくくなるので、 エアコンの効きも良くなるなど、 とってもお役立ちなカーテンです。 スポンサーリンク でも、ずっと使っ …

上履き 名前

上履きの名前を消す方法は?ゴムの場合は?にじまないように書きたい!

子供の上履き(上靴)の名前、 消したいと思ったことありませんか? 書き方を間違えたとか、お下がりとか、 理由は色々ですが、 新しく名前を書くには、すでに書いてある名前を 消さなくちゃいけませんよね。 …

結婚式 アクセサリー

結婚式 母親の服装どうすればいい?ドレスの選び方と髪型は?

  結婚式での母親の服装と言えば、 黒留袖というイメージが強いですよね。 スポンサーリンク でも、必ずしも黒留袖でなければ ならないわけではありません。 ドレスという選択肢もあるんです。 で …

ナメクジ 駆除方法

ナメクジを駆除する方法は?塩では死なない?どこから来るの?

梅雨の時期やじめじめした日が続くと よく見かけるようになるナメクジ・・・。 家の外壁や縁側などでも十分嫌ですが、 下手すると、風呂場や洗面所など水気のあるところにも 出没します。 スポンサーリンク & …