いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

育児

赤ちゃん 夏は肌着だけでも大丈夫?半袖とノースリーブはどっち 素材は?

投稿日:

赤ちゃん 夏 肌着
初めての夏をむかえる赤ちゃんを
子育て中のお母さん。

家の中ではどんな服装で過ごさせるのがよいのか
悩んでいたりしませんか?

初めてのことだと、
何を着せたらいいかわかりませんよね。

 

でも、赤ちゃんには快適に過ごしてもらいたい!

暑いし、服を重ね着させたら汗だくになっちゃいそう、
肌着だけでも良い?

肌着には半袖やノースリーブがあるけど、
どっちが赤ちゃんには最適?

肌着はどんな素材が良いの?

 

そんなお母さんのお悩み、
少しでも解決できるよう、
2児の子育てを通して私が感じたことを
紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃん 夏は肌着だけでも大丈夫?

夏は大人だって暑いです。

なので、赤ちゃんだってもちろん暑いに決まってます。

 

大人は、暑ければ自分で着る服を選んだり、
脱いだりできます。

でも、赤ちゃんは自分ではできないので、
お母さんがその日の気温や赤ちゃんの様子を見ながら、
考えてあげる必要があります。

 

 

でも、初めての育児、初めての夏は、
何をどのように着せたら良いか、
いまいちよくわかりませんよね。

赤ちゃんにはちゃんと服を着せてあげなくちゃいけない、
というイメージ、ありませんか?

 

でも、夏場の暑い時期であれば、
赤ちゃんの普段着は肌着だけで十分なんです。

 

◆赤ちゃんの夏の肌着の着せ方

生後2ヶ月までの赤ちゃんは
あまり動かないので短肌着の上から
お腹のあたりにタオルをかける程度で大丈夫です。

私も我が子を家の中で過ごさせるときは、
あれこれ着させるよりも
おむつと肌着があればそれで事足りました。

 

 

もう少し大きくなって、寝返りをし始めたら、
短肌着だとめくれ上がったり、
はだけたりして大変なので、
股の部分をスナップボタンで留める、
ボディ肌着がおすすめです。

 

ボディ肌着には、かぶりタイプと前開きタイプがあります。

首がすわる前は、かぶりタイプは
着せるのも着せられるのも大変なので、
前開きの方が良いです。

動くようになってくると、
前開きのスナップボタンを留めている間もじっとしていないので、
かぶりタイプの方が楽ちんです。

 

 

ちょくちょく汗の状態をみて、
肌着が濡れているようだったら、
肌着を着替えさせてあげましょう。

 

このように、夏場の普段着に関しては、
あまり神経質になる必要はありません。

 

あまりにも暑くてエアコンを入れるような場合は、
1枚上から着せたり、ショートパンツを履かせてあげます。

カーディガンが1枚あると便利ですよ。

 

 

赤ちゃんはいっぱい汗をかくので、
肌着の替えは多めに用意してくださいね。


スポンサーリンク

赤ちゃん 夏の肌着 半袖とノースリーブどっちが良い?

赤ちゃんの夏向けの肌着には、
半袖とノースリーブがあります。

半袖のほうが脇の汗を吸ってくれそうとか、
肩が冷えないかも、と思いますが、
ものすごく暑かったらノースリーブの方が良いかも、
と思ったりします。

 

どちらを用意すれば良いのでしょうか?

 

◆赤ちゃんの肌着の種類

まずは肌着の種類や特徴について簡単に紹介していきます。

 

◆短肌着

どのシーズンでも出番がある定番の肌着です。

股下が開いているので、おむつを替えやすいのが特徴です。

また、丈はお腹を覆うくらいなので、
足をばたつかせてもはだけにくいです。

そのため、新生児の時期から3ヶ月ごろまで
使用する肌着です。

 

◆長肌着

短肌着と同じようにおむつ替えがしやすいのが特徴です。

短肌着より裾が長いので、
夏場はあまり使用する機会はないかもしれません。

短肌着も長肌着も購入する際は、
サイズ調整ができる、ひもで結ぶタイプがおすすめです。

新生児期の赤ちゃんは、すぐに大きくなりますよ!

 

◆コンピ肌着

股がわかれているため、
足をばたつかせてもはだけません。

2ヶ月~半年ごろまで使用できます。

 

◆ボディタイプ肌着

股がスナップ留めできるのでお腹が出ない肌着です。

歩くようになる2歳ごろまでのかなり長い間
お世話になるタイプの肌着です。

 

前開きタイプと頭からかぶるタイプがありますが、
前開きタイプは赤ちゃんが動き回らない時期に使用し、
動き回るようになると頭からかぶるタイプに
シフトすることをおすすめします。

 

 

◆赤ちゃんの肌着は半袖とノースリーブ、どっちがいい?

ご紹介したように様々なタイプの肌着がありますが、
それぞれの肌着には半袖とノースリーブがあります。

そのため、夏場にはどれを着せればよいか
すごく迷うと思います。

 

私としては、赤ちゃんに着せるのであれば
半袖肌着をおすすめします。

基本的にはどちらでもよいと思いますが、
ノースリーブの場合、腕の部分の汗を
吸収することができないのがやはり難点です。

 

また必要以上にエアコンがきいている
室内で過ごさせる際の体温調整は
ノンスリーブ一枚では難しいと感じました。

 

赤ちゃんはすぐに汗で肌着をぐしょぐしょにするので
半袖もノースリーブも活躍しますが、
個人的には半袖肌着を多めに購入しておくほうが、
良いと思いますよ。

 

赤ちゃん 夏の肌着 素材は何がオススメ?

肌着の役割は、汗を吸いとることです。

夏の赤ちゃんは大人が想像している以上に
汗をかいていますが、
肌着が汗を吸い取り、体温調節をしています。

 

なので、通気性と吸汗性が良く、
柔らかくて肌触りの良い綿素材の肌着が
おすすめです。

 

 

また、夏場の肌着はすぐに汗でぐしょぐしょになるので、
何度も交換が必要です。

そのたびに洗濯する必要があるので
耐久性のある素材のものを選ぶようにしましょう。

 

例えば、

・伸びやすい襟ぐりや股ぐりがしっかりしている
・生地が薄すぎない
・縫製がしっかりしている
・縫い代の始末がきちんとされている
・洗濯タグが外側についている
・スナップボタンの部分の裏側に、
伸び止めのテープがちゃんとある

などです。

 

これらは、夏だけに限らず、
肌着を選ぶ時の基準です。

特に、縫い代の始末とタグは要チェックです。
(最近はあまり見かけませんが、
まれにタグが内側についているものがあります)

 

赤ちゃんの肌はとても弱いので、
できるだけ柔らかい生地のものにしてあげてくださいね。

 

おわりに

最後にご紹介した内容の要点をまとめです。

・赤ちゃんの夏の普段着は肌着だけでも大丈夫

・肌着の種類はいろいろあるが、
赤ちゃんの月齢にあった肌着を選ぶ

・赤ちゃんの夏の普段着に着させる肌着は
半袖肌着がおすすめ

・赤ちゃんの夏の肌着の素材は
通気性、吸汗性、耐久性に優れた素材のものを選ぶ

 

いかがでしたでしょうか。

初めての夏でいろいろな不安を持った
お母さんも多いと思いますが、
赤ちゃんと一緒に、
楽しんで乗り切ってもらえればと思います。

スポンサーリンク





-育児
-,

執筆者:

関連記事

ベビーカー

赤ちゃんの暑さ対策 ベビーカー用グッズとお出かけ時のコツ

暑い夏、赤ちゃんとのベビーカーでのお出かけ、 ちょっと心配になったりしませんか? でも、暑いからといって、ず~っと閉じこもっているわけにも いかないですよね。 スポンサーリンク 検診もあるし、買い物に …

海 日焼け対策 子供

海水浴の日焼け対策 子供もラッシュガードと日焼け止めは必要?

  いよいよ夏がやってきます。 家族で海水浴に行くというご家庭も 多いのではないでしょうか。 水の中にいると冷たくて気持ちいいので、 ついつい日焼け対策を忘れがちに なってしまいますよね。 …

赤ちゃん 爪 切り方

赤ちゃんの爪の切り方と爪切りのオススメ!爪を切りすぎたら?

赤ちゃんって、指も爪もとっっっても小さくて かわいいですよね! 生まれたばかりの我が子を見た時、 すべてのパーツが信じられないくらい 小さくて本当に驚きました。   入院中は、爪が伸びたとき …

運動会

小学校の運動会 授乳どうする?赤ちゃん連れの対策と持ち物は?

秋といえば運動会。 ぜひ、小学校の運動会へ 我が子の応援に行きたいところですが、 兄弟がまだ赤ちゃんだったら・・・ 色々悩み事も多いのではないでしょうか? スポンサーリンク 授乳におむつ替え、ぐずり対 …

納豆 離乳食 いつから

離乳食に納豆 いつから?そのままでも大丈夫?量はどれくらい?

離乳食初期と言われる生後5カ月から6カ月。 我が子が初めてミルク以外のものを 食べる姿にワクワクすると同時に、 何を食べさせていいのかわからないと 不安に思うママさんも多いのではないでしょうか。 &n …