離乳食に納豆 いつから?そのままでも大丈夫?量はどれくらい?

納豆 離乳食 いつから

離乳食初期と言われる生後5カ月から6カ月。

我が子が初めてミルク以外のものを
食べる姿にワクワクすると同時に、
何を食べさせていいのかわからないと
不安に思うママさんも多いのではないでしょうか。

 

そんなとき、ぜひ赤ちゃんに
食べさせてあげたい食材が納豆です!

納豆はカルシウムやビタミンなどの栄養素が
たっぷりバランスよく含まれているので、
これからどんどん成長していく赤ちゃんに
ぴったりの食材です。

 

でも、離乳食としていつから
どれくらいの量の納豆をあげてよいのかといったことや、
そのままあげてよいのかなど疑問なことが
たくさんあると思います。

 

そこで、そんなお困りのママさんに少しでも
参考になる情報を紹介していきます。

スポンサーリンク

離乳食に納豆 いつから大丈夫?

納豆は、一般的に生後5ヶ月から6ヶ月の
離乳食初期から食べさせることができます。

離乳食は、慣れるまではペースト状にしたの物をあげます。

離乳食初期は納豆も同様にすりつぶして、
ペースト状にしてから食べさせてください。

 

離乳食中期の生後7ヶ月から8ヶ月になると、
納豆もそのまま食べられるようになりますが、
細かく刻んでから食べさせてください。

 

離乳食後期の生後9ヶ月から11ヶ月になると
一度に食べる量も増えてくるので、
一人で納豆を1パック食べる赤ちゃんもいます。

 

赤ちゃんが嫌がらなければ小粒の納豆を
そのまま食べさせてあげても大丈夫でしょう。


スポンサーリンク

離乳食の納豆はそのまま食べさせても大丈夫?

離乳食を始めたばかりの赤ちゃんは
まず火を通した納豆をあたえるようにしましょう。

 

加熱調理する理由は、細菌です。

食材には必ず何らかの雑菌がついています。

大人が生で食べても何も影響がない納豆でも、
抵抗力の弱い赤ちゃんには大きな影響がある
恐れがあります。

安心のためにも離乳食間もない時期は、
そのままの納豆をあげるのではなく、
加熱処理した納豆をあげるようにしてください。

 

パックから出した納豆をそのまま食べさせられるのは、
離乳食に慣れてきた生後9ヶ月ごろからに
するのがよいでしょう。

このときも一度にたくさんの量を与えるのではなく、
そのままの納豆に慣れるまでは少しずつ食べさせて
あげるのが良いですね。

 

 

それと、納豆の味付けについて。

大人が市販の納豆を食べる時は、
付属のタレをかけて食べることが多いと思います。

でも、タレの原料には砂糖や食塩、
その他多くの調味料や保存料が使用されています。

 

赤ちゃんにタレをそのまま使うと、
味がとても濃くなってしまうだけでなく、
赤ちゃんの消化器官に負担になる場合もあります。

なので、納豆を離乳食として食べさせるときは、
タレを使わずに調理するようにしましょう。

 

タレを使わなくても、納豆には大豆本来のうまみがしっかりとあるので、
赤ちゃんは十分に味があるように感じますよ。

 

離乳食の納豆 量はどれくらいまで大丈夫?

離乳食として与えられる納豆の量は、
月齢によって違いますが、
目安の量は次の通りです。

 

離乳食初期(生後5ヶ月から6ヶ月)
1回の目安:約3~5g
1日の目安:約5~10g

離乳食中期(生後7ヶ月から8ヶ月)
1回の目安:約8~10g
1日の目安:約10~15g

離乳食後期(生後9ヶ月から11ヶ月)
1回の目安:約10~15g
1日の目安:約15~20g

離乳食終了期(1歳から1歳半)
1回の目安:約12~20g
1日の目安:約20~25g

 

あくまでも目安の量なので、
この量より増えたら問題があるというわけではありません。

でも、食べすぎはあまりよくないので、
赤ちゃんの反応を見ながら
食べさてあげてくださいね。

 

おわりに

離乳食で納豆を食べさせる時の大切な点です。

 

・生後5ヶ月から6ヶ月くらいから
ペースト状にした納豆を食べさせても大丈夫

・赤ちゃんに納豆を食べさせるときは、
タレなどはつけずに、少し加熱したものを
食べさせるようにする

・離乳食の納豆は月齢によって与える量を調整する

 

納豆は栄養素の宝庫です。

離乳食としても十分食べさせることが可能ですので
ぜひ赤ちゃんに食べさせてあげたいですね。

スポンサーリンク