いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

生活

ナメクジを駆除する方法は?塩では死なない?どこから来るの?

投稿日:

ナメクジ 駆除方法

梅雨の時期やじめじめした日が続くと
よく見かけるようになるナメクジ・・・。

家の外壁や縁側などでも十分嫌ですが、
下手すると、風呂場や洗面所など水気のあるところにも
出没します。

 

気持ち悪いから早くなんとかしたい思う人が大半だと思いますが、
どうやって駆除しようか悩みませんか?

よく聞くのは、ナメクジには塩!という話。

でも、これって本当に効くんでしょうか?

 

そこで、ナメクジの駆除方法や「ナメクジに塩」のこと、
また、一体奴らはどこからやってくるのかということなどを
ご紹介します。

スポンサーリンク

ナメクジを駆除する方法は?

ナメクジを見ると、嫌~な気持ちになる人も
多いのではないでしょうか?

できれば、見たくも会いたくもないですが、
雨が続いたり、じめじめしてくると、
どこからともなく現れて、
壁や玄関先を這っていたりします。

 

しかも、庭先にもやってくるので、
花や植物の新芽、家庭菜園のネギを食い荒らしたり、
気持ち悪いだけでなく、被害もあります。

 

そこで、迷惑なナメクジの生態や駆除する方法を
ご紹介していきたいと思います。

 

 

◆ナメクジの生態

まずは、敵を知りましょう。

ナメクジは、湿気のある場所が大好きで、
花壇や菜園などのプランタ―の下や
庭石の下などによく棲み着いています。

 

好物は、花や野菜です。

ナメクジは夜行性なので、
日中は物陰や植木鉢の下に隠れています。

 

また、ナメクジは雌雄同体なので、
一匹でも増殖可能です。

厄介ですね!

 

 

◆ナメクジの駆除方法

このようなナメクジを駆除する方法には、
薬剤を使わない方法と使う方法があります。

 

 

まずは、使わない方法。

 

1.塩で退治

一番よく聞く方法ではないでしょうか。

塩をかけることで、
ナメクジの体内の水分が失われて動かなくなります。

でも、1~2匹くらいならともかく、
数が多い時はなかなか大変です。

それに家庭菜園や花壇の場合、
塩を撒くと植物に影響が出てしまい、
育たなくなる可能性があるので、
使用する時は場所を選ばないといけません。

 

2.熱湯で退治

この方法も周りに植物がある場所では、
ちょっと注意が必要です。

けれど玄関先やベランダなどで、ナメクジを大量に発見したときなどは、
有効でかつリーズナブルな方法です。

ナメクジに熱湯をかけるだけです。

 

3.ビールで退治

ナメクジは、ビールが大好きだそうで、
ビールを使った仕掛けを作り退治します。

プリンやゼリーの空容器、豆腐のプラスティク容器などに
ビールを3分の1ぐらい入れて庭に置いておきます。

すると、ナメクジが臭いに釣られてビールの中に落ち、
溺死してしまいます。

夜行性なので、夕方からトラップを仕掛けるのがおすすめです。

容器の形状によっては、ナメクジが這いあがってくる場合があるので、
注意してください。

ビールの中に塩や駆除剤を入れておけば、
確実です。

 

4.米ぬかで退治

米ぬかもナメクジが好きな臭いです。

ビールよりも安いので遠慮なく使えます。

バケツに水を半分、
米ぬかを大さじ2~3杯ぐらい入れます。

後は、庭の畑や鉢植えの近くに置くだけです。

水の中に中性洗剤を少し入れておくと効果的です。

 

 

次に薬剤を使う方法です。

 

ナメクジの駆除剤はホームセンターや園芸店などで
購入できます。

 

例えば、こちらの駆除剤は、
スプレータイプなので、直接ナメクジに噴射できるので、
便利です。

また、スプレーしたところに
しばらくナメクジが寄ってこなくなる
効果もあります。

 

駆除剤を選ぶ時は、「メタアルデヒド」と書かれている薬剤は、
避けるようにしましょう。

犬などのペットが食べてしまうと、
中毒症状を起こす危険があるので、
おすすめできません。

 

なので、薬剤を使う場合は、
成分表示に食品成分や天然成分と書かれている薬剤を
選ぶようにすると安心です。

 

 

このような方法で駆除できますが、
後からの処理を考えると、
ちょっと憂鬱です。

なので、ナメクジをそもそも寄せ付けない
という方法も試してみてください。

 

1.カフェインでの対策

カフェインがナメクジの神経系に影響を与えるようで、
近寄らなくなります。

コーヒーの出がらしを乾燥させたものを
畑の周りに撒くと寄り付かなくなります。

この方法なら、畑に悪影響を与えないので、
安心です。

 

2.石灰での対策

ナメクジの好む土壌は酸性なので、
石灰を撒いて土壌をアルカリ性に変えると
近寄ってこなくなります。

ただ、土壌をアルカリ性に変えると
育たなくなる植物もあるので、
注意が必要です。

 

3.銅線での対策

ナメクジは銅イオンが嫌いなようで、
鉢植えや畑の周りに銅線を張っておくとか、
銅板を植木鉢の下に敷いておくと
寄り付きにくくなるようです。

 

4.ナメクジ忌避剤での対策

ナメクジがよく出没する場所に、
あらかじめ撒いておいたり、吹き付けておくと、
寄り付きにくくなります。

 

 

こちらの場合も、天然成分を使ってある安全性の高いものを選びましょう。

 

 

私はカタツムリは平気ですが、、
ナメクジはあの見た目が生理的に無理です。

子供の頃に、古いすき間だらけの家に住んでいたこともあって、
勝手口などにナメクジがよく侵入してきていました。

暗かったので素足で思いっきり踏んづけて以来、
見ただけであの感触が蘇り、ぞわ~っとします。
(踏まれたナメクジも気の毒でしょうか・・・)


スポンサーリンク

ナメクジに塩をかけても死ぬわけではない?

ナメクジに塩、とは昔からよく言われる方法ですが、
実際、ナメクジに塩をかけると
どのような状態になるのでしょうか?

ナメクジは死んでしまうのでしょうか?

 

 

ナメクジに塩をかけると、体の表面の体液が、
濃度の濃い食塩水になります。

すると、浸透圧の原理で、
表面の食塩水の濃度を薄めるために、
ナメクジの体液が外に出てしまい、
ナメクジは干からびてしまいます。

 

その様子が、「溶けている」ように見えてしまうので、
ナメクジが死んでしまうと思われているようです。

実際は、体が干からびてしまうので、
活動が鈍くなりますが、死んでいるわけではありません。

 

なので、実は途中で水をかけてやると復活するんですよ。

意外ですが・・・。

 

ナメクジはどこから来るの?

家の外はともかく、家の中にナメクジがいると
ぎょっとしますよね。

一体、どこからやってくるのでしょうか?

 

 

ナメクジは、湿気の多い所や、餌がある場所が大好きです。

外からの侵入する場合の経路は、
排水溝や窓のサッシの部分などが多いようです。

そこからいつの間にやら入ってきたナメクジが、
お風呂場や勝手口などのじめっとしたところに、
棲み着くというわけです。

 

なので、侵入経路をチェックして、
排水溝などにはネットをかぶせたり、
窓サッシの隙間を隙間テープなどで埋めるような対策を
考えましょう。

 

また、まれに買って来た野菜に卵が付いていて、
それが後から孵化して、家の中の湿気の多い所や暗い所に
生息するような場合もあります。

 

 

ナメクジの好まない環境を作ることに日頃から注意をして、
じめっとしないようにすることが、
家の中のナメクジ対策のポイントだと思います。

 

おわりに

ナメクジをなるべく寄せ付けないようにするために、
日頃から家の中では湿気対策をこまめにしましょう。

外の場合はなかなか難しいですが、
カフェインや忌避剤などで対策をしてみてくださいね。

 

最後にナメクジには寄生虫がいる場合があるので、
駆除する時は注意するようにしてください。

スポンサーリンク





-生活
-,

執筆者:

関連記事

爆弾低気圧

爆弾低気圧とは?原因と台風との違いは?風速はどれくらい?

最近、気温など地球の環境変化のせいか、 大型の台風やゲリラ豪雨など、 異常気象が頻繁に起きています。 スポンサーリンク 爆弾低気圧も、今後増えていくのでは ないかと心配されているものの 1つです。 & …

蟻

蟻の駆除方法 室内の場合もアリの巣コロリは効く?ペットがいる時は?

ある日、気づいたら部屋の中を 蟻がぞろぞろ大行列・・・。 ぞ~っとします、蟻がぞろぞろ! やっつけてもやっつけても 次から次へとやってくる蟻の退治の仕方と、 これが効く!というもの、 ペットがいて薬剤 …

セーター、カーディガン

セーターの毛玉取り方法 おすすめは?毛玉の原因と予防方法

  お気に入りのセーターに毛玉ができちゃうと 何だかショックですよね。 スポンサーリンク 着られないわけじゃないけど、 できれば毛玉のない状態で着たいものです。 そこで、おすすめの毛玉の取り …

枕

枕の洗濯方法は?ポリエステルを洗うなら!羽毛も洗える?

枕の臭い、気になったことないですか? カバーを外したら意外と汚れていたり、 きれいなカバーに替えたのに、 まだ臭ったり・・・。 スポンサーリンク いっそのこと洗ってしまいたい~! でも、枕って洗えるの …

ジーンズ 洗濯

ジーンズは洗わない方が良い?おすすめの洗濯頻度と洗濯方法は?

近頃は、一昔前に比べてジーンズが安くなり、 手に入りやすくなってきました。 デザインや色も豊富で、 子供から年配の人まで、 おしゃれにはきこなしている人を 見かけます。 スポンサーリンク   …