いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

美容・健康

白髪を抜くと増えるって本当?切るのはどう?予防できる食べ物は?

投稿日:

白髪 抜くと増える

ふと鏡を見たら、髪に白いものを見つけてしまったある日。

 

白髪です。

その白髪どうしますか?

抜きますか?

 

でも、白髪を抜くと増えるなんて噂もまことしやかにあって、
悩んじゃいますよね。

 

白髪を抜くと本当に増えるんでしょうか?

抜いちゃダメなら切れば良い?

 

というような白髪の悩みと疑問を、
白髪予防に良いといわれる食べ物とあわせて、
ご紹介します。

スポンサーリンク

白髪を抜くと増えるって本当?

若いうちからという場合もありますが、
ある程度の年齢になると、
大抵の人には白髪がちらほら目立ち始めます。

最初の頃は、1本見つけて抜き、さらに1本見つけて抜き・・・、
なんてことをやっている人も多いんじゃないかと思いますが、
いずれ、白髪を全部抜いていたら髪の毛がなくなる!
なんてくらいに増えていきます。

 

白髪を抜くと増える、という噂もありますしね。

もしかしたら、こうして白髪が増えたのは、
見つけるたびに抜いていたから?
と、ちょっと心配になりませんか?

 

でも、白髪って抜くと本当に増えるんでしょうか?

 

 

◆髪の毛が白髪になる理由

髪の毛の色は、メラニン色素によって色がついています。

 

そのメラニン色素には、実は二種類あります。

1つは暗い髪色を作る、黒色メラニンともいわれる「ユーメラニン」、
もう1つは明るい髪色を作る、黄色メラニンともいわれる
「フェオメラニン」です。

この二つのメラニンがある事で髪の毛に色がつきます。

 

ユーメラニンの方が多いと暗い色の髪の毛になり、
フェオメラニの方ンが多いと明るくなるわけです。

ちなみに、日本人にはユーメラニンが多いので、
髪の色が黒い人が多いそうですよ。

 

 

実は、髪の毛はできた瞬間は白いんです。

髪の毛を作られていく過程でメラニン色素が自然に混ざり、
色がついた状態になって生えてきます。

 

このメラニン色素は、毛根の一番下にある、
メラノサイトという細胞で作られます。

メラノサイトだけではメラニン色素は作られないので、
まだ髪の毛に色はつきません。

 

メラニン色素を作るためには、もう一つ大切な要素があるんです。

それはチロシナーゼという酵素です。

 

老化など何らかの理由でメラノサイトが低下したり、
チロシナーゼが充分に働かず、
メラニン色素が作られなくなると、
髪の毛に色がつかなくなって、
白髪が生えてくるというわけです。

 

 

なので、白髪を抜いたからといって
増えるという事はないんです。

 

じゃあ、増えないなら安心して抜いてしまえ・・・・・・
なんてことは決しておすすめしません。

そんな事はしないでくださいね。

スポンサーリンク

白髪は抜くのと切るのとどっちが良いの?

では、抜くなというなら、
どうすれば良いのか・・・。

それこそ、白髪を全部抜いていたら髪の毛なくなる!
とういうほど増えたら、染める、とか、
いっそのこと白髪と共存なんていう方向にいくと思います。

 

白髪染めについてはこちらもどうぞ ↓

【白髪染めはいつから始める?頻度は?いつまで続けるべき?】

 

でも、まだ数えるくらいしかないなら、
抜くか、それとも切るかという選択肢になりますよね。

 

そこで、どちらが良いかということになりますが、
白髪に限らず髪の毛を抜くと毛乳頭が破壊され、
髪の毛が生えてこなくなる可能性があります。

恐ろしいですね・・・。

 

また、白髪を無理に抜くと、毛穴を傷つけることがあります。

そこに黄色ブドウ球菌などの細菌が入り込むと炎症を起こして、
毛のう炎になってしまうと、赤い発疹やかゆみが出たり、
腫れたり、膿んだりと大変なので、
気をつけてくださいね。

 

なので、白髪は抜かずに切るのがおすすめですよ。

 

切り方ですが、白髪をつまみ上げて引っ張ります。

つまみ上げた白髪の根元に良く切れるはさみを当てて、
白髪を後ろに傾けて切ります。

 

工作ハサミよりも、眉毛用のハサミのほうが、
他の黒い毛を切らずに狙った毛だけ切りやすいです。

特に、先が丸くなっているものなら、
頭皮を傷つけにくいので安心です。

 

ただ、まだそれほど白髪の数が多くないうちは良いのですが、
数が多くなってきてときは、注意が必要です。

短く切られた毛は、多少伸びてくるとぴょんと立って、
他の長い毛のすき間から顔を出すことがあります。

数が多ければ多いほど目立ちます。

特にストレートヘアの人は要注意です。

 

 

なので、白髪がとても増えてきたら、
染めるなど、切る以外の選択も考えてくださいね。

トリートメントやシャンプーなどで、徐々に染めていくような、
普段の髪の手入れに取り入れられるような商品もありますよ。

 

白髪の予防におすすめの食べ物!

白髪を増やさないためには、
日頃からの予防も大切です。

白髪はメラニン色素が足りなくなってなるわけですが、
これを日々の食事で予防していきましょう。

 

◆白髪予防におすすめの栄養素と食べ物

・チロシン
メラニン色素の原料の1つです。

乳製品・・・プロセスチーズなど
果物・・・リンゴ、バナナ、ゴマ、アボカドなど
魚介類・・・かつお、マグロ、ちりめんじゃこ、うるめいわしなど
豆類・・・豆腐、アーモンド、味噌、大豆、など

 

・チロシナーゼ

チロシンをメラニンに変化させる働きがあります。
この働きを活発にさせるのに欠かせないのが銅です。

肉、魚介類・・・牛レバー、干しエビ、牡蠣、ホタルイカ
豆類・・・大豆、納豆、カシューナッツなど
野菜類・・・ごぼう、干ししいたけ、プルーン、モロヘイヤ
穀類・・・玄米、そば

 

・ヨウ素
ヨウ素は新陳代謝やメラノサイトの活性化につながります。

海藻類・・・わかめ、昆布、ヒジキ、のりなど
魚介類・・・イワシ、サバなど

 

普段の食事から必要な栄養素を摂れるように、
意識してみてくださいね。

 

おわりに

白髪が生えてしまったら、
つい抜きたくなりますが、
毛根へのダメージが怖いので、
できるだけ抜かずに、切るようにするのがおすすめです。

そして、日々の生活習慣や食事にも気をつけて、
黒髪を維持していきましょう!

スポンサーリンク





-美容・健康
-,

執筆者:

関連記事

夏バテ

夏バテ予防の対策 食事も工夫しよう!甘酒も効果バツグン!

夏になると、体がだるくて、いつも疲れてる。 食欲もないし・・・。 なんていう症状は、「夏バテ」です。 「暑気あたり」ともいいます。 スポンサーリンク その名の通り、夏の暑さにやられたせいでなる 体調不 …

花粉 目のかゆみ

花粉症 目のかゆみの対策とおすすめの目薬は?病院は何科?

花粉症と言えば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、 そして、忘れていけない目の痒み。 ついついこすり過ぎて、 痛くなってしまったり、 真っ赤になったりしてませんか? そこで、こんな我慢できない目の痒みを 抑え …

手洗い

りんご病 大人の症状と妊婦さんへの影響は?予防が大事!

ほっぺたが真っ赤になるりんご病(林檎病)。 毎年ちょこちょこ流行ります。 スポンサーリンク 子供がなる病気のイメージが強いですが、 大人にも伝染ることがあります。 大人は子供よりも症状が重いことが多く …

水分補給

経口補水液とスポーツ飲料の違いは?作り方と保存、飲み方は?

暑い夏以外でも、 年がら年中気をつけたい「熱中症」。 運動会の練習や部活の最中に 熱中症になったというニュースも よく聞きます。 そして、脱数症状の一歩手前、 自分でも気が付かないうちに 体の水分が少 …

はと麦茶

はと麦茶の効能 美肌やいぼに効果はある?美味しい入れ方は?

スポンサーリンク 健康茶として知られているはと麦茶。 十六茶や爽健美茶など、 市販の色々なお茶にもブレンドされて 入っています。 実は、このはと麦茶、 肌にも良いと言われています。 しかも、イボ取り対 …