いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

生活

フローリングのカビ 取り方は?黒ずんでたら?予防はどうする?

投稿日:

フローリング カビ 取り方

フローリングの床にカビが生えた!

普段から風通しの悪い部屋の片隅や、
万年床やカーペットの下。

気がついたらカビが・・・、
なんてこと実はよくあるんです。

 

見つけた時は結構ショックですよね・・・。

カビはフローリング的にはもちろん良くないし、
健康にも精神的にも良くないです。

 

そこで、フローリングに生えたカビの取り方や、
カビを生やさないようにする予防の仕方など、
ご紹介します。

スポンサーリンク

フローリングに生えたカビ 取り方は?

ふとフローリングの床を見たら、
何だか白っぽいものが・・・?

ところどころ黒っぽいものも・・・?

 

これ、つい先日の我が家です・・・。

今は使う人のいない部屋に久々に入ったら、
何か足の裏(素足!)がペタペタする・・・?

薄暗かったので最初はなんだろうと思っていましたが、
明るくしてよく見てみたら、
床一面、白いふさふさしたもので覆われていました。

 

カビです!

 

部屋の隅っこの方は、青かったり黒かったり賑やかです。

普段閉め切っていたので湿気がたまったせいに違いありません。

放っておくわけにはいかないので、
もちろんカビ取りしました。

 

◆フローリングのカビ取り方法

【準備するもの】

・住居用中性洗剤
・無水エタノール
・スプレーボトル(エタノール用)
・雑巾(2枚以上)
・ゴム手袋
・マスク

 

1.カビが生えている部分に住居用中性洗剤を吹き付けます。

勢いよく吹き付けると、カビが飛び散る可能性があるので、
できるだけそ~っとやってください。

 

2.しばらく放置して、固く絞った雑巾で拭き取ります。

 

3.無水エタノールを水と8:2で薄めたものを、
スプレーボトルに入れて吹き付けます。

 

カビへの殺菌効果がある濃度は70~80%と言われています。

また、100%のままだと濃すぎて、
フローリングにダメージを与える可能性があります。

 

我が家で使ったのは、こちらのアルコールスプレー。

エタノールの濃度が77%なので、
薄めずそのまま使えます。

天然由来の成分を使っているアルコールスプレーなら、
消毒や掃除など、キッチン周りでも気にせず使えるので、
一本あると便利ですよ。

 

4.仕上げに、乾いた清潔な雑巾で拭き取ります。

 

 

これで、フローリングの表面に生えたカビはきれいに取れます。

ただ、カビが生えて6ヶ月~1年以上経ってしまうと、
フローリングのワックスの下や、
床材の合板と合板の間にまで根をはってしまって、
簡単には取れなくなってしまいます。

 

この方法で取れないカビの場合は、
内部までカビが侵入している可能性があります。

特に、ちっとも取れない黒カビは、
根深いのでしっかり殺菌しきれなかったり、
エタノールが届く表面の部分は殺菌できても、
カビの黒い色素は残って、黒ずみになってしまいます。


スポンサーリンク

フローリングのカビ 黒ずみになってしまったら?

エタノールや除菌用アルコールでは殺菌ができなくて、
黒ずみになってしまう黒カビ、
どうしたら良いか悩みますよね。

 

カビキラーなどの塩素系漂白剤を使えばいいんじゃない?
と、つい思ってしまいそうですが、NGです。

塩素系漂白剤は強力すぎて、フローリングを変色させてしまいます。

 

しかも、ワックスの下まで入り込んだ根深いカビまでは
殺菌できない可能性もあります。

フローリングを痛めた上にカビをやっつけられないんじゃ、
がっかりです。

 

こうなってしまうと、ワックスを剥がしてカビ取りをするなどの
処置が必要なので、専門業者に頼んだほうが無難です。
(あまりにひどいカビだと、業者でも落としきれないことがあるようです)

でも、業者に頼むとお金がかかりそうだし、
フローリングが傷んでも気にしない!という場合は、
カビハイターに頼ってみるのも良いかもしれません。

 

 

ちなみに、私も一度ひどい黒カビがどうしても取れなくて、
痛むの覚悟でカビハイターを試してみたことがあります。

結果は、というと・・・

 

表面のカビは落ちましたが、黒ずみは残ったままでした。

しかも、ちょっと白っぽくなってしまいました。

 

メラミンスポンジと紙やすりも試してみましたが、
効果はなしです。

しかも、湿度が高くなるとまたカビが生えます。

 

 

実はメラミンスポンジは、フローリングのカビ取りにやっちゃダメなことでは、
塩素系漂白剤と1位、2位を争っています。

表面のワックスが取れちゃいます。

 

なので、汚れ落としに優秀なメラミンスポンジですが、
フローリングには厳禁です。

 

フローリングのワックスが取れると、
補修にお金と時間が余計にかかったり、
なかなかめんどくさいことになるので、
もし、お試しの場合は、あくまでも自己責任で、
覚悟を決めてからにしてくださいね。

 

フローリングのカビ 予防はどうすれば良い?

カビは、湿気が大好きです。

なので、風通しが悪いところや蒸れやすいところ、
梅雨の時期やファンヒーターを使っている部屋の隣の部屋など、
湿気が溜まりやすいところが、よくカビます。

 

なので、そういう条件の場所のフローリングは、
気がついたらカビだらけなんてこともあるんです。

 

特に、布団を直接敷きっぱなしにする、
いわゆる万年床状態は危険です。

人の汗などの湿気がフローリングに伝わり、
カビに栄養を与えてしまう上に、
布団とフローリングの間に密閉されて、
カビが育ってしまいます。

 

また、カーペットやラグを敷いている場合も、
大抵は敷きっぱなしになるので、
カビが生えやすい環境です。

布団やカーペットをめくってみてびっくり!
白カビどころか黒カビがびっしり!!
なんてことにもなりかねません。

 

フローリングのカビを予防するためには、

1.風通しを良くする

湿気をためないことが大切です。

人の出入りが少ない部屋は空気が動かないので、
カビやすくなります。

普段あまり使わない部屋も、たまに窓を開けたり、
換気をしましょう。

 

2.布団をフローリングに直接敷かない

布団とクローゼットの間にすのこを敷いたり、
湿気取りシートを敷いてみましょう。

新聞紙でも手軽で効果がありますが、
布団やフローリングにインクがつきそうで嫌ですよね。

他に、手軽に敷けるものにバスタオルもおすすめですよ。

でも、敷きっぱなしにすると、すのこだってカビるので
1週間に一度は布団を上げたり、干したりしてくださいね。

 

3.カーペットやラグも定期的に虫干しする

カーペットやラグの下も湿気が溜まりやすい上に、
逃げにくいので、ずっと敷きっぱなしだとカビます。

また、カーペットやラグが汚れてくると、
カビのエサになってしまうの、普段から掃除機をかけたり、
何かこぼしたらすぐに拭き取るようにしましょう。

 

 

布団やカーペットを敷く前に、水で70%~80%に薄めた
エタノールや除菌用アルコールを
吹きつけておくとカビが生えにくくなるそうです。

エタノールやアルコールもしっかり拭き取っておかないと、
含まれている水分が原因でカビが生えることもあるので、
注意してくださいね。

 

もし、カビを発見したらすぐに取り除きましょう。
早いうちなら、住宅用中性洗剤とエタノールやアルコールスプレーで、
きれいにできますよ。

 

おわりに

フローリングにカビを見つけたらショックですが、
早めに対処すれば、きれいにできます。

できるだけ湿気を溜めないようにして、
部屋の隅や布団の下など、
カビが生えていないか日頃からチェックしてくださいね。

スポンサーリンク





-生活
-,

執筆者:

関連記事

防災グッズ

防災グッズ 赤ちゃん用は何が必要?おすすめと保管場所は?

日本は地震大国です。 大きな地震がいつ起きても、 おかしくないですし、 台風や土砂災害なども頻繁です。 スポンサーリンク そんな緊急時に備えて、 防災グッズや非常持出袋の準備を しておきましょう。 特 …

暑中見舞い

暑中見舞いの返事 先生に出す?時期と小学生向けの書き方は?

スポンサーリンク 長い夏休み、小学校の先生から 暑中見舞いが届きました。 さて、返事はどうすればいいのでしょうか? 悩んでいるうちに時間が過ぎちゃったけど、 暑中見舞いっていつまで? どういうふうに書 …

瞬間接着剤

瞬間接着剤 手についた時の落とし方は?服と床についた時は?

瞬間接着剤がうっかり手についちゃって 困ったなんて経験ありませんか? ふと見たら、服や床にも! 血の気が引きます・・・。 ついちゃった瞬間接着剤を 何とか取り除く方法は ないものでしょうか? スポンサ …

洗濯物

梅雨の洗濯物 対策は?乾かすにはエアコンが良い?臭い対策はこれ!

  梅雨時の洗濯物、ちっとも乾かなくて イライラしませんか? スポンサーリンク いつまでも乾かないと、嫌~な臭いも 発生して、気分も嫌~な感じに・・・。 そこで、速く上手に乾かす方法と、 付 …

洗濯のやり方の基本

洗濯のやり方の基本 初心者がやるべきことと洗濯機はこう使う!

一人暮らしをすることになった人も新婚さんも、 新しい生活にワクワク、ドキドキだと思います。 そんな色々なドキドキの内の一つが洗濯。 洗濯というものの基本がわからない、 洗濯機の使い方がわからないという …