いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

育児

海苔を赤ちゃんはいつから離乳食で食べられる?量はどれくらい?

投稿日:

海苔 赤ちゃん 離乳食

おにぎりに使ったり、お味噌汁に入れたりと
和食でよく使われる海苔。

美味しいのはもちろん、
栄養もたくさん含まれているので、
赤ちゃんにもぜひ食べさせたいところです。

 

でも、赤ちゃんの離乳食にはいつごろから
どのように取り入れたらいいのか迷いますよね。

また、どれだけの量までなら食べさせても良いか、
悩みます。

 

そこで、海苔がいつから離乳食に使えるのか?
どうやって、どのくらいの量をあげたらいいのか?
など、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

海苔を赤ちゃんはいつから食べられる?

海苔には、

・タンパク質
・ビタミンA、B、C
・カルシウム
・葉酸
・食物繊維

など、たくさんの栄養がバランスよく含まれています。

ぜひ、赤ちゃんにも食べさせてあげたい食材の一つです。

 

でも、赤ちゃんはいつから海苔を食べられるのか、
気になりますよね。

 

 

赤ちゃんの離乳食として海苔は中期から食べさせることができます。

この時あげられるのは、何も味がついていない焼き海苔を、
佃煮のようにトロトロに溶かしたものだけです。

 

ちなみに同じ海苔の
青のりも中期からあげられます。

 

味海苔は、しょうゆや塩が多く使われており、
赤ちゃんにはしょっぱい味付けになので、
しょっぱいものでも慣れてくる、
2、3歳ごろまではあげないようにしましょう。

 

 

海苔をあげる際に注意が必要なのが
赤ちゃんの便秘です。

海藻類は、便秘に効く食材とされていますが、
摂取しすぎると、逆に便を固くしてしまう
作用があるとされています。

 

便秘気味の場合は、あまり食べすぎると
普段以上に便秘になってしまうことが
あるので気を付けてください。

スポンサーリンク

海苔は赤ちゃんの離乳食にどう使えばいい?

では、赤ちゃんの離乳食で海苔をあげるとき
どのようにあげたらいいのでしょうか?

離乳食の中期、後期に分けて
おすすめの食べ方を紹介したいと思います。

 

 

まず、中期です。

中期に海苔をあげるときには
トロトロに溶かしたものをそのまま、
またはおかゆなど他の食材と混ぜて与えましょう。

 

例えば、豆腐と混ぜる場合。

のりをまず水でふやかします。

だし汁に豆腐とふやかした海苔を入れて
弱火で煮ると完成です。

とても簡単に作れるのでおススメです。

 

関連記事はこちら

⇒ 【離乳食に豆腐はいつから大丈夫?加熱した方が良い?種類は?】

 

 

後期では、海苔を子どもが食べられるサイズに
切って食べることができます。

 

後期の食べ方のおすすめは、おにぎりです。

特に、つかみ食べをする子には
海苔をつけるのがおススメです。

 

この時、海苔が大きすぎると口の中に張り付いてしまうので
小さめに切るように心がけましょう。

 

 

噛みちぎるのが上手になってきたら
海苔巻きのようにすると
食べやすくなります。

 

子どもの成長に合わせて離乳食に活用しましょう。

海苔を赤ちゃんに食べさせても良い量は?

海苔は栄養もあるし、お菓子をあげたりすることに比べれば、
大丈夫なような気もしますが、
食べさせ過ぎはよくありません。

最初にも書きましたが、
便秘気味の赤ちゃんに海苔を食べさせすぎると
逆効果になってしまいます。

 

では、ちょうどいい量はどのくらいなのでしょうか?

 

 

赤ちゃんに海苔をあげるときの適量は
1日2枚位までがちょうどいいとされています。

ただ、最初は赤ちゃんも慣れていないので
これよりも少なめにあげるのが無難です。

 

 

ちなみに、海苔はアレルギーが出にくい食材ですが
まれにアレルギーが出る場合があるので
他の初めての食材と同じように、
病院が開いている日の午前中に食べさせるのがおすすめです。

また、他の初めての食材と被らないようにしましょう。

 

便秘解消のために挙げるときにも
あげすぎて便が固くなるのを防ぐため
少量であげるといいですね。

おわりに

今回は、赤ちゃんにあげる離乳食に海苔はいつから使えるのか?
そして、どのくらいどうやってあげたらいいのか?を紹介しました。

今回紹介した以外にも
海苔の活用法は様々あるので
お子さんの成長に合わせていろいろな食べ方で試してみてください。

 

食べ方や量は、お子さんの体調や体質により
合う合わないがあるので、
様子を見ながら、大きさを変えたり、
量を増やしたりしてくださいね。

 

初めての食材で、不安なことや気になることがある場合は、
検診のときや離乳食教室などで、
保健師さんや栄養士さん、
または、病院に行く機会があれば、
お医者さん聞いてみてからにすると安心です。

スポンサーリンク





-育児
-,

執筆者:

関連記事

納豆 離乳食 いつから

離乳食に納豆 いつから?そのままでも大丈夫?量はどれくらい?

離乳食初期と言われる生後5カ月から6カ月。 我が子が初めてミルク以外のものを 食べる姿にワクワクすると同時に、 何を食べさせていいのかわからないと 不安に思うママさんも多いのではないでしょうか。 &n …

運動会

小学校の運動会 授乳どうする?赤ちゃん連れの対策と持ち物は?

秋といえば運動会。 ぜひ、小学校の運動会へ 我が子の応援に行きたいところですが、 兄弟がまだ赤ちゃんだったら・・・ 色々悩み事も多いのではないでしょうか? スポンサーリンク 授乳におむつ替え、ぐずり対 …

ベビーカー

赤ちゃんの暑さ対策 ベビーカー用グッズとお出かけ時のコツ

暑い夏、赤ちゃんとのベビーカーでのお出かけ、 ちょっと心配になったりしませんか? でも、暑いからといって、ず~っと閉じこもっているわけにも いかないですよね。 スポンサーリンク 検診もあるし、買い物に …

赤ちゃん 爪 切り方

赤ちゃんの爪の切り方と爪切りのオススメ!爪を切りすぎたら?

赤ちゃんって、指も爪もとっっっても小さくて かわいいですよね! 生まれたばかりの我が子を見た時、 すべてのパーツが信じられないくらい 小さくて本当に驚きました。   入院中は、爪が伸びたとき …

赤ちゃんの日焼け

赤ちゃんに日焼け止めは必要?いつから塗る?人気商品3選!

これから暑さが厳しくなる季節。 屋外の強い太陽の日差しが気になりますよね。 そんな天気の良い日の赤ちゃんとのお出かけ、 紫外線の影響も気になるところです。   太陽の日差しは赤ちゃんの免疫を …