こたつが臭い!すぐにできる消臭対策と臭いの原因は何?

こたつ 臭い 対策
寒~い冬にとってもありがたいこたつ。

暖房器具としてはもちろん、家族団らんにも一役買っていますよね!

 

ただ、いつも気になることがあるんです・・・。

それは、ニオイ・・・。

 

こたつ布団に隙間ができるたびに、むわ~んと漂うなんとも言えないニオイ。

せっかく温まっても、臭いのは嫌ですよね?

 

そこで、嫌なこたつの臭い対策消臭するための方法,その原因などについて、ご紹介していきます。

スポンサードリンク

こたつが臭い!すぐにできる対策はないの?

こたつを使っていると、だんだん気になってくるニオイ・・・。

みんなで足を入れて使うものなので仕方がないかもしれませんが、臭いと気分が下がります。

 

こたつの中が臭う原因はいろいろありますが、根本的に見直してる時間はあんまりなくて、まずは今すぐなんとしたいという場合のニオイ対策からです。

 

◆簡単・すぐにできるこたつの消臭対策

1)空気の入れ替え

こたつ布団をまくり上げて、こたつの中の澱んだ空気を入れ替えます。

そして、こたつ布団をまくり上げた状態で、ファブリーズなどの消臭スプレーを布団に吹きかけます。

しばらくそのままにしておき、乾いたら元に戻します。

 

2)石けん

石けんを洗濯ネット(小さめ)、水切りネット、ストッキングなどに入れて、こたつの中に吊るします。

ヒーターに近すぎると火災の心配があるので、できるだけ離してください。

こたつの足の内側付近がおすすめです。

香りが強すぎるときは、ガーゼや紙袋に入れると和らぎます。

 

3)みかんの皮

食べ終わったみかんの皮を、洗濯ネット(小さめ)、水切りネット、ストッキングなどに入れて、こたつの中に吊るします。

この場合も、ヒーターに近過ぎないところにしてください。

カゴに入れて床に置くのもありですが、蹴っ飛ばす可能性もあるので、こたつの足の内側すぐ下付近が良いと思います。

だんだん香りがしなくなってきたら、交換してください。

 

みかんの皮の消臭剤についてはこちらもどうぞ

⇒ 【みかんの皮を煮ると掃除に使える?!皮は消臭剤やお風呂にも!】

 

3)備長炭

備長炭をネットなどに石けんやみかんの皮と同じように入れて吊るすか、邪魔にならないところに置きます。

 

4)冷蔵庫の脱臭剤

正しい使い方ではありませんが、買い置きしてあった冷蔵庫用の脱臭剤を使ってみたことがありますが、結構効果がありました。

冷蔵庫の脱臭剤は活性炭を使っているものが多くあるので、嫌な臭いを取ってくれます。

ただ、元々冷蔵庫用なので、こたつの中で暖められても大丈夫かどうかはっきりわからないので、不安な場合は、電源を入れていないときに使うといいかもしれません。

 

ビーズタイプの置型消臭剤を使ったこともあります。(こたつに入れるのは、たぶん正しい使い方ではないです・・・)

液体タイプだと蹴っ飛ばしてこぼしてしまう心配があるので、ビーズの方が安心です。

ただ、温まって乾燥するので早くビーズが小さくなります。

ビーズが小さくなりすぎて、うっかり蹴飛ばしたときに小さくなったビーズがこぼれて大変だったので、ある程度のところで交換した方が良いと思います。

 

5)こたつ用消臭剤

こたつ用の消臭剤というものがあります。

 


山善 こたつ用消臭剤(無香料)(2年消臭) YST-107

 

活性炭を使って脱臭します。

 

 

我が家でやっている消臭方法は石けんです。

理由は、石けんの香りが好きなのと、長持ちするから。

使っているのは牛乳石鹸ですが、石けんによって香りが違うので、お好みのもので試してみてくださいね。

 

 

◆普段からやっておきたい消臭対策

こたつの中に臭いをこもらせないようにするために、まずは、こまめにこたつの中の空気の入れ替えをしましょう。

また、こたつ布団自体に臭いが染み込んでいることもあるので、天気が良いときに天日干しします。

 

臭いの原因は、掛ふとんよりも敷ふとんということも・・・。

足が直接触るので、臭わないはずがないという感じですが、こちらもしっかり天日干しします。

 

干す前に消臭スプレーを吹きかけておくと、効果的ですよ。

 

 

もし、下に敷いてあるものが敷ふとんではなくてカーペットなどで、簡単には動かせないという時は、気になる部分に重曹をまんべんなく振りかけて、掃除機で吸い取ります。

重曹には脱臭効果もあるので、嫌な臭いを重曹と一緒に吸い取ればスッキリです。

 

 

こたつの本体、テーブルの脚などの木材部分は、意外と汚れています。

たまに拭き掃除をしてください。

 

長年使っているこたつだと、木材に臭いが染み込んでいる可能性もあります。

そんな場合や汚れがひどそうな時は、中性洗剤を薄めて拭いてみてください。

その後は、しっかり水拭きして乾かしてくださいね。


スポンサーリンク

こたつが臭い原因は何?アレだけじゃない!

そもそも何故、こたつの中が臭くなるんでしょうか?

 

1)足の臭い

足が臭う原因は、雑菌が繁殖するためです。

この雑菌は、元々足の裏にいる常在菌で、皮膚の表面を守ってくれる役割があります。

ただ、汗や古くなった角質などを分解して増えすぎると臭うようになるんです。

 

実は、足は結構な量の汗をかきます。

1日でコップ1杯とも言われています。

そして、常在菌は高温多湿が大好き。

そんな大量の汗と温かいこたつの中という天国のような状況で、雑菌は繁殖しまくりです。

また、一日履いた靴下も汚れと汗がいっぱいです。

 

こたつに足を入れる前に、靴下を履き替える、できれば、足を洗うようにしましょう。

 

せっかく履き替えた靴下自体が臭いということもあるので、靴下はしっかり臭いが取れるように洗いましょう。

 

洗ってあるのに靴下がまだ臭い場合はこちらもどうぞ

【靴下が臭い 洗濯前にするべきことは?原因は?対策どうする?】

 

 

2)ペットの臭い

こたつが大好きといえば、猫ですよね。

一度潜り込んだら全然出てこなくて困った、でも、無理やり出すのもかわいそうで・・・なんて人も多いのでは?

 

そんな可愛いペットが臭いに原因になっていることもあるんです。

 

実は、猫の体臭はそれほど臭いません。

臭うのは、唾液やおしりについたままのうんちなど・・・。

エサを食べたり、おしりのケアをした後の口で体をなめたりするので、それがそのまま臭いの原因になります。

 

また、猫によっては外にでかけていって、ホコリや汚れも持ち帰ってきますよね。

それらの汚れがこたつ布団についているとしたら、布団を洗うしか手はありません。

 

猫をこたつに入れる場合は、エサを食べた後、口を拭いてやったり、トイレの後はおしりのチェックをしてください。

家の外に出入り自由な猫は、こたつに入れないようにするしかないですが、それは正直難しいかも・・・。

 

私の実家では、猫を飼うようになってこたつをやめてしまいました。

臭いを我慢してこたつを取るか、猫との生活のためにこたつをあきらめるか、悩むところですね。

 

 

3)こたつ布団の汚れ

こたつで食事をしたり、おやつを食べたり、そんな家庭も多いと思います。

でも、うっかりこぼしてしまったり、気が付かないうちに汚れていたなんてことありますよね。

 

すぐに拭き取ってもあっという間に染み込んでしまうので、しっかり汚れを落とすのは難しいです。

フリース素材だったり、布団の材質によってはお菓子のクズが入り込んでしまって取れないこともあります。

 

また、小さい子供は食べ物やよだれで汚れた手で布団に触ったりもします。

そんな食べ物や飲み物などの汚れが、積み重なってだんだんと臭うようになってきます。

 

我が家では、子供が小さい頃、口から出した食べ物をこたつ布団に塗りつけていたことがあったので(恐怖です!)、こたつ布団に上から掛けられる防水の上掛けを使っていました。

 

こたつ布団にはもちろん、こたつ布団用カバーを掛けてました。

フリースなど暖かい素材の布団にツルツルのカバーや防水カバーを掛けるのは少し残念ですが、汚れたときのストレスは減ります。

 

このように、こたつの中が臭う原因はさまざまありますが、実際は一つだけではなく、重なり合っていることが多いのではないでしょうか?

でも、完全に取り除くことは難しいです。

 

臭わせないようにするために、足のケアや布団に汚れをつけないなど、できるだけの対策をしてみてくださいね。

 

 

もし、使い始めのこたつが何だか焦げ臭い時は、こたつのヒーター部分にホコリが付着している可能性が大です。

シーズンの初めには、ヒーター部分のホコリや細かいゴミを掃除機で吸い取っておきましょう。

スプレータイプのエアダスターが便利です。

ホームセンターやパソコンコーナーのキーボードなどのコーナーにありますよ。

 

こたつ布団も洗濯すればすっきり!

こたつが臭う原因の一つ、こたつ布団。

使っているうちに、足や食べ物など、いろいろな臭いが染み付いています。

 

天気が良いときに消臭スプレーを吹きかけてから天日干しをすると、結構臭いがしなくなります。

干す時は、重ならないように2本の物干し竿を使うのがおすすめです。

満遍なく陽に当たるように、途中で裏返してくださいね。

 

 

ただ、それでもきれいになったわけではないので、少し湿ったりしただけで臭いは復活します。

臭いをしっかり取るためにも、洗濯してみましょう。

 

とはいっても、こたつ布団の替えがあるならまだしも、冬の間は洗濯は難しいので、せめて、春になってこたつを片付けるときには、ぜひ、洗ってください。

 

こたつ布団の洗濯についてはこちらをぜひ!

【こたつ布団がカビ臭い時どうする?洗い方と保管方法は?】

 

こたつの中の風通しを良くするためにも、こたつを使わない時は布団をめくり上げておくようにしましょう。

 

おわりに

冬に大活躍のこたつ。

使うたびに臭いで嫌な気持ちになるのは避けたいところです。

 

まずは、こたつの中の空気の入れ替えや布団をできるだけ汚さないようにする、足のケアをするなど、できるところからしてみましょう。

そして、消臭剤も併用すれば、臭いの悩みはずいぶん減るのではないでしょうか?

 

ぜひ、試してみてくださいね。

スポンサーリンク