いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

美容・健康

中学生の部活 日焼け止めどうしてる?禁止?!クレンジングもしっかりと!

投稿日:2015年4月15日 更新日:

テニス部
大人じゃなくたって、
中学生の女子にとっても、
日焼けはとても気になる問題です。

紫外線は春先から降り注いでいるので、
夏だけではなく、
できれば一年中気をつけたいところです。
曇りの日だって、日焼けはしちゃうんです。

 

そして、特に気になるのは、
登下校はもちろん、部活の時!!

でも、日焼け止め禁止!の学校もあったり、
みんな、どうしているんでしょう???

 

そこで、中学生の日焼け止め問題について、
ご紹介します。

スポンサードリンク

中学生の部活 日焼け止めどうしてる?

テニス部など、屋外での部活は日焼けが大変ですよね。
靴下のあとがくっきりついちゃうほど、真っ黒に!

中学生女子の大きな悩みです。

 

この頃にした日焼けが、
将来的にシミやそばかすの原因にもなるという
恐ろしい話もちらほら聞きます・・・。

 

日焼けもひどくなると、ヤケドと一緒なので、
しっかりケアしたいところ。

では、どんな対策をすればいいかというと、
真っ先に思い浮かぶのは日焼け止めですよね。

 

◆日焼け止めの『SPF』と『PA』について

日焼け止めにも色々な種類があって、
気をつけて欲しいのは、『SPF』と『PA』です。

 

日焼け止めのラベルに書いてあるこの『SPF』と『PA』。
簡単に言うと、

『SPF』はUV-B(紫外線B波)を
防止する効果が続く時間の数値、
『PA』はUV-A(紫外線A波)を
防止する効果の高さの数値
です。

 

ちなみに、UV-Bはシミ・そばかす、
UV-Aはシワ・たるみに影響があります。

 

『SPF』と『PA』について詳しくはこちら ↓

【日焼け止めのSPFとPAって何?選び方は?雨や曇りでも必要?】

 

 

でも、数字が大きければいいというものでもありません。

『SPF』は、50など数値の高いものは
肌への負担が大きいので、
中学生にはあまりおすすめできません。

SPF20~30くらいのものを重ね塗りする方が、
負担を軽くできます。

 

重ねて塗っても数値が増えるわけではありませんが、
(例えば、30+30=60になるわけではないです。)
ムラなくしっかり塗れるので、日焼け止めが落ちにくくなり、
効果もちゃんと発揮できます。

 

『PA』は、日差しの強さが関係しているので、
++++まであります。

炎天下の場合は、が多いものを、
曇りや室内にいる場合は、
少なめのものを選んでください。

 

塗るときはしっかり丁寧にムラなく、
そして、こまめに塗り直すことが大事なので、
休憩のときには、しっかり塗り直すようにしましょう。

スポンサードリンク

 

◆日焼け止めの成分 おすすめは?

日焼け止めに含まれている成分には、
紫外線吸収剤というものと
紫外線散乱剤というものがあります。

 

紫外線吸収剤は、日焼け止め効果は高めですが、
紫外線を吸収すため、肌に大きく負担がかかり、
肌荒れの原因になります。

紫外線散乱剤は、日焼け止め効果は低めですが、
紫外線を反射・散乱させるので、
肌への負担が比較的少なめです。

 

なので、選ぶときは紫外線散乱剤が使われているもの方が、
おすすめですよ。

 

中学生で日焼け止めが禁止の場合は?

学校によっては、紫外線に弱いなどの理由以外、
日焼け止めが禁止されていることがあるようです。

 

でも、過度の日焼けはヤケドと一緒です。

 

一昔前は、日焼けは健康的なイメージで
「運動部の証」のように言われていましたが、
現在、紫外線の有害性が広く知られるようになりました。

必要以上に紫外線を浴びることは、
肌にとっても決していいことではありません。

 

だからと言って、すぐに学校の校則を変えたり、
先生を説得することは難しいでしょう。

 

とりあえずは、家を出る前に
しっかり丁寧に塗っていきましょう。

 

この場合、塗り直すことが難しかったり、
部活の時間までに効果がなくなって
しまったりすることが心配です。

効果を長く続かせるには、
どうしてもSPFの数値が
高いものになってしまうかもしれません。

 

そうした場合は、帰ってから必ずしっかりと
日焼け止めを落とすようにしてください。

 

関連記事

⇒ 【髪の毛の日焼け対策 日焼け止めにおすすめなものと落とし方は?】

 

 

中学生もクレンジングで日焼け止めをしっかり落とそう!
アフターケアも大事です!

日焼け止めを塗ったら、しっかり落としましょう。

ちゃんと落とさないと肌が荒れてしまいます。

 

◆日焼け止めの落とし方は?

日焼け止めは、石けんでは落ちにくいものが多く、
肌に残ってしまうと、それがまた肌荒れの原因になります。

 

なので、日焼け止めを落とす時は、
専用のクレンジングを使うのがおすすめです。

例えば、こちら↓

 

日焼け止め売り場に置いてあることが、
多いです。

 

ただ、専用のものがおいていない場合や、
ちょっと高価で気軽には使えないかもという場合は、
メイク用品売場にある、専用ではないものでも大丈夫です。

これも、なるべく肌に優しいものを選びましょう。

 

SPF値が低くはなりますが、
石けんやボディソープで落とせるタイプのものもあるので、
状況に合わせて、日焼け止めを使い分けるのも良いでしょう。

 

◆日焼けしたらどうしたらいい?ケアの仕方は?

でも、がんばって日焼け止めを塗っても、
100%日焼けを防ぐことは難しいです。

 

もし、日焼けしてしまったら、
なるべく急いでケアすることが大事です。

 

お風呂やシャワーはぬるめにして、
クレンジングを使って日焼け止めをしっかり落とします。

すすぐ前に、クレンジングとお湯をなじませると
(乳化して白っぽくなる)
ちゃんきれいに落ちます。

ごしごしこすらずに、優しく洗ってくださいね。

 

その後は、アロエローションなど
鎮静効果のある化粧水をたっぷりとつけます。
ケチらずにたっぷりとです。

肌がひんやりして、ほてりが取れれば、大丈夫です。
後は、ボディクリームや乳液、
ニベアなどを薄く塗っておけば、乾燥も防げます。

 

アロエローションなら、ドラッグストアにもありますし、
中学生の財布に優しい値段なので、手軽に買えますよ。

 

おわりに

日焼け止めは、できるだけこまめに塗り直すことが大事です。

将来のシミ・しわのないお肌のためにも、
しっかり紫外線対策をしていきましょう。

そして、アフターケアもしっかり忘れずにしてくださいね。

 

化粧水やローションは、決してケチらずに!!
大事です!

スポンサードリンク

-美容・健康
-,

執筆者:

関連記事

いびき

旅行の時のいびき対策とおすすめ対策グッズ、治す方法ってあるの?

旅行に行くことになったけど、 寝る時にいびきをかいてしまう・・・。 他の人に迷惑をかけるんじゃないかと、 心配で心配で・・・。 スポンサードリンク いびきを治せればいうことありませんが、 せめて、その …

えごま油

えごま油の効果と効能、おすすめの食べ方は?ごま油との違いは?

巷で話題のえごま油、 健康にとても良いと言われています。 スポンサードリンク 特に、体に衰えを感じ始める中年以降、 手軽に取り入れられる健康対策は ぜひ試してみたいですよね。 そこで、気になるのはその …

プール

プール熱の症状は?お風呂どうする?プールはいつから入れる?

夏になるたびに流行る『プール熱』は、夏風邪の代表選手です。 正式名は咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)といって、 アデノウイルスが原因でかかります。 プールで感染することが多いので、 『プール熱』とい …

足 指 しもやけ 治し方

しもやけの原因と治し方は?予防と対策におすすめの食べ物は?

毎年、寒い時期になると、 足やら手やらにしもやけが出来て、 困っていませんか? スポンサードリンク 痛いし痒いし、とっても憂鬱なしもやけ。 早く何とかしたいものです。 そこで、しもやけの原因や治し方、 …

日焼け止め

日焼け止めのSPFとPAって何?選び方は?雨や曇りでも必要?

春先から着々と強くなる紫外線。 怖~いシワやシミの予防のためにも 紫外線対策は必須です。 真っ先に思い浮かぶ紫外線対策といえば、 日焼け止めを塗ることですよね。 スポンサードリンク   でも …