アボカドは栄養がいっぱい!でも食べ過ぎとアレルギーに注意!

アボカド
最近、色々なお店のメニューでもよく見かけるアボカド

好き嫌いが結構別れますが、エビやマグロと組み合わせるととてもおいしいです。

他にも、サラダに入れたり、ワサビ醤油やキムチ和え、バニラアイスと一緒になんて食べ方も!

よく、名前を「アボガド」と間違われますが、「アボカド(avocado)」が正解です。

果物の仲間で、栄養価が高いことでも話題にもなりました。

 

アボカドにはどんな栄養があるのでしょうか?
また、食べる適量はどれくらいでしょう?

アボカドでアレルギーが出たなんて話も気になるところですね。

スポンサードリンク

アボカドには栄養がいっぱい!

アボカドには、色々な栄養がぎゅっと詰まっています。

◆アボカドの栄養

老化防止に良いと言われるビタミンEビタミンA・Cマグネシウムが豊富です。

コエンザイムQ10ビタミンB6・B1・B2が多く含まれているので、美容効果が期待できます。

 

また、ミネラルや利尿作用のあるカリウムも多いので、高血圧、脳梗塞、心筋梗塞予防も期待されています。

 

そして、アボカドはゴボウ1本分もの食物繊維があります。

腸の調子を整えて、便秘を解消してくれるため、美容はもちろん、ダイエットが気になる人にもおすすめです。

消化も良いので、病中病後や妊娠中の栄養食としても優れています。

 

◆気になるアボカドの脂肪分

アボカドは「森のバター」と言われるだけあって、脂肪分が多めです。

そのためダイエット中の人には敬遠されがちですが、ほとんどは、オレイン酸リノール酸リノレン酸といった不飽和脂肪酸と呼ばれる良質な油です。

 

オレイン酸は、オリーブ油や紅花油にも多く含まれる脂肪酸の一つです。

酸化しにくく、善玉は減らさずに悪玉コレステロールだけ減らすと言われています。

 

リノール酸は、必須脂肪酸の一つでひまわり油にも多く含まれています。

血中のコレステロールを減らす働きがあります。

成長に必要な成分ですが、体内で作り出すことはできないので、食べてとらなければいけません。

 

リノレン酸は、えごま油や亜麻仁油に多く含まれています。

血中の中性脂肪を下げたり、高血圧を予防する作用があると言われています。

これも体内では作り出せないので、食べ物からとらなければいけない必須脂肪酸の一つです。

 

これらの不飽和脂肪酸と呼ばれる油は、悪玉コレステロールを減らしたり、血液をサラサラにする効果があったり、健康のためにはかかせません。

スポンサーリンク

 

アボカドは栄養あるけど食べ過ぎに注意!

でも、栄養もあるしおいしいからと言って、食べ過ぎには注意です。

 

適量なら、便秘解消からダイエット効果など、色々と良いこともあるアボカドですが、実際、脂肪分が多いため、カロリーは一個あたり約220kカロリーとちょっと高めです。

糖尿病の人は、アボカドは控えめにとも言われるようです。

 

どんなに栄養があっても、食べ過ぎは良くありませんよね。

 

でも、一日の摂取カロリーを調整するなどすれば心配ないので、食べ過ぎに注意して、おいしく食べてくださいね。

目安は、2日で1個分(一日半分)だそうですよ。

 

アボカドのアレルギーは吐き気がする?

アボカドを食べたあと、吐き気がする、もしくは吐くなどの症状がでる人がいます。

他には、唇が腫れる、喉が痒くなる、じんましんが出る、腹痛などの
症状が出ることもあります。

 

これらは、アボカドによるアレルギー症状だと考えられます。

 

 

アボカドやキウイ、マンゴ、バナナなどの熱帯性のフルーツは、「ラテックス・フルーツ症候群」「ラテックスアレルギー」と呼ばれるアレルギーを起こすことがあるんです。

特に花粉症の人がなりやすいとも言われています。

 

ラテックスとは天然ゴムの成分で、ゴムの樹に傷をつけた時に出てくる白い液です。

ゴム製品の原料になります。

 

アボカドやキウイなどの成分の構造が、このラテックスに似ているんです。

 

アボカドでアレルギーが出たら何科で診てもらえばいい?

少量なら大丈夫という人もいれば、ほんの少しでも症状が出る人もいます。

検査をしてもらえばはっきりわかりますが、
とりあえずは、症状が出たら食べるのを控えましょう。

吐くなど心配な症状が出た場合は、ぜひ病院へ行ってください。

 

元々アレルギーがあってかかりつけの病院があればそこへ、ない場合は、順番にアレルギー科の看板があるところ、次に、子供なら小児科、大人は内科です。

小児科の場合、内科やアレルギー科も併設しているところもあります。

 

喉が腫れる、腹痛がひどいなど、症状が重い時、特に子供の場合は、迷わず病院へ!

 

 

今まで平気だったから大丈夫!という人も、たくさん食べると急に症状が出ることもあります。

大好きだからと言って、やっぱり食べ過ぎには注意です。

 

おわりに

アボカドは、栄養がバランスよく詰まった健康にも美容にも良い果物です。

生のままサラダに入れたり、ワサビ醤油で食べたり、豚肉と一緒に炒めても美味しいです。

もし、余ってしまっても、さいの目に切ったアボカドを、めんつゆとごま油に漬けておくとご飯のお供のできあがりです。

 

食べる量に気をつけて、色々な料理法でおいしく食べてくださいね。

スポンサーリンク