いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

食べ物

半熟味付け玉子の作り方!賞味期限は?お弁当に入れて大丈夫?

投稿日:2015年5月29日 更新日:

味付け玉子

ラーメンのトッピングでも定番の味付け玉子
それだけ食べてもとっても美味しいです。

作っておくと、忙しい朝のちょっと一品や
おつまみ、もちろん夕食のおかずとしても
大活躍です。

とろっとろの半熟味付け玉子の作り方と、
味付玉子の保存できる期間
お弁当に入れても大丈夫かどうか、
味付玉子の気になることをご紹介です。

スポンサードリンク

半熟の味付け玉子の作り方、超簡単!

味付け玉子を作るのって、ものすごく難しいと
思ってませんか?

全然そんなことはありません!
ものすごく簡単な半熟とろっとろの味付け玉子の
作り方です。

【半熟ゆで卵を作る】
1.鍋に卵とかぶるくらいの水を入れます。

2.火にかけて10分茹でます。

3.すぐにお湯を捨てて、水で冷やします。
この時、卵の丸い方(尖っていない方)を
平らなところでこんこんとぶつけてヒビを入れ、
少し穴を開けておくと、むきやすくなります。

4.水はすぐにぬるくなるので、
何回か取り替えます。ぬるいままにしておくと、
殻がむきにくくなります。

5.殻をむく時は、半熟状態だと柔らかいので、
気をつけてくださいね。

 

【味付け玉子にする方法】
1.ジッパー付きの袋(またはナイロン袋)に、
殻をむいたゆで卵を入れます。
市販の濃縮つゆ(我が家は昆布つゆ)を
卵が半分浸かるくらいの量入れます。

2.なるべく空気を追い出して口を閉じ、
冷蔵庫に入れます。
途中、つゆに浸かった半分に色が付いたら、
卵の向きや位置を変え、全体につくようにします。

3.一晩漬けると食べ頃です。
二日目になると、中の黄身にもつゆが染みて、
しっかり味がつきます。
お好みでどうぞ。

つゆは、卵がしっかり全部浸かるほど入れてもいいのですが、
うちではつゆがもったいないので、
半分だけにして、途中、転卵(?)するようにしています。

スポンサードリンク

 

味付け玉子の賞味期限は?

冷蔵庫で保存が大前提です。

濃い目のつゆにしっかり漬け込んだ状態なら、
一週間は持ちますが、これだと、とんでもなく
味が濃くなってしまいます。

黄身も半熟状態なので、3~4日くらいまでに
食べるのが良いでしょう。

 

味付け玉子をお弁当に入れて大丈夫?

ゆで卵をお弁当に入れる場合、
固ゆでは比較的大丈夫でも、半熟は要注意です。

では、味付け玉子はどうかというと、
半熟状態でも黄身までしっかり味が付いているものは、
比較的長持ちですが、あくまで冷蔵状態での話。

お弁当に入れると、温度管理が不安定になるので、
おすすめできません。

美味しい味付け玉子をぜひ、お弁当に入れたいところですが、
やめておいた方が無難です。

おわりに

半熟味付け玉子が一個あれば、
ご飯が軽く一膳は食べられるほど、
立派なおかずになります。

子供も大喜び。

卵を買いすぎちゃった時は、
ぜひ、味付けにしてみてくださいね!

スポンサードリンク

-食べ物
-,

執筆者:

関連記事

なす

なすは体を冷やす?栄養成分 ナスニンと美味しい食べ方!

なすは、夏野菜の定番、 また、秋野菜としても有名です。 「秋茄子は嫁に食わすな」と 言われるくらいです。 スポンサードリンク それは、なすは体を冷やすから、 という理由もあるからだそうですが、 なぜ、 …

とうもろこし

とうもろこしの美味しい食べ方と見分け方!保存方法は冷凍がおすすめ?

とうもろこしをもらった人も買った人も、 せっかくなら美味しく食べたいですよね? スポンサードリンク 色々な食べ方がありますが、 その中でもオススメの方法と 美味しいとうもろこしを選ぶための見分け方、 …

ホットドッグ

コストコのホットドッグの値段とトッピングのコツ!テイクアウトできる?

コストコのフードコートと言えば、 ホットドッグですよね。 とってもボリュームがあって、 美味しいと評判です。 スポンサードリンク コストコに行ったら、 一度と言わず毎回食べても 良いくらいの値段も魅力 …

麦茶

麦茶の美味しい作り方は?栄養と効能は?はと麦茶との違いは?

スポンサードリンク 夏といえば、麦茶。 家で飲むのはもちろん、 水筒に入れて学校に持って行ったり、 大活躍ですよね。 毎日飲むものだし、どうせなら美味しく、 しかも簡単なら言うことありません。 栄養や …

マコモダケ

マコモダケとは?気になる栄養と美味しい食べ方!

スポンサードリンク 秋の味覚、マコモダケ(マコモタケ)。 最近は、栽培する地域も増え、 JAの直売所や道の駅でも 見かけるようになりました。 でも、まだまだメジャーな 野菜ではありません。 そこで、ど …