黒部峡谷のトロッコ 予約は必要?おすすめの車両と見どころは?

黒部峡谷

富山の黒部峡谷の大自然の中を走るトロッコ列車は、一度は乗ってみたい憧れの乗り物です。

北陸新幹線が開通したことで、ますます人気が出て、ハイシーズンには大変なにぎわいです。

 

でも、あまりに混んでると、ちゃんと乗れるか心配になりますよね?

 

予約をした方がいいんでしょうか?

いくつか種類がある車両、どれに乗るのがおすすめなんでしょうか?

黒部峡谷の見どころと一緒に黒部峡谷鉄道のチケットの予約について、おすすめの車両など、ご紹介します。

スポンサードリンク

黒部峡谷のトロッコ 予約は必要?

富山県黒部市にある黒部峡谷は、黒部川の中流から上流にある峡谷です。

黒部峡谷鉄道のトロッコは、その黒部川沿いを走っています。

宇奈月温泉にある宇奈月駅を出発して、終点の欅平駅まで行けます。

 

営業期間は、大抵毎年4月20日~11月30日ですが、4月20日~4月28日は宇奈月から笹平間までの折返し運行になります。

4月29日から11月30日は宇奈月から欅平までの全線運行です。

※今年は宇奈月から鐘釣間(終点・欅平の一つ手前)の運行はありません。

 

◆黒部峡谷 トロッコの切符の買い方 予約方法

切符は当日、宇奈月駅で買えます。

販売開始時間は午前6時50分ですが、出来れば、もっと早めに駅に着くようにした方が良いです。
(始発は午前7時32分です)

 

平日やオフシーズンはそれほどではありませんが、お盆や紅葉時期のハイシーズンはかなり混みます。

トロッコは定員制なので、席がいっぱいになったら、次のトロッコに乗ることになります。

何号車かまでは指定されますが、座席の指定はありません。

 

ただ、団体客の予約が入っていると、乗りたい時間のトロッコが満席ということもあります。

そうなると、宇奈月駅で結構待たなければならないことも・・・。

 

予定がしっかり決まっていて、乗る時間もわかっているなら、切符は予約をしておくのがオススメです。

 

 

切符の予約は、乗車日の3ヶ月前から前日の午後3時までできます。

予約方法は、

1.インターネット予約(15名未満の個人対象)
http://www.torokko-yoyaku.com/

4月1日からよやくできます。

 

2.電話、または郵便(15名以上の場合もこちら)
黒部峡谷鉄道営業センター(TEL0765-62-1011)
http://www.kurotetu.co.jp/howto

 

3.旅行代理店
JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行、クラブツーリズム、関電アメニックス、東武トップツアーズ、富山地鉄サービス、農協観光、名鉄観光サービス、阪急交通社、名古屋鉄道、JR各社旅行センター、ANAセールス、ジャルパック、名阪近鉄旅行など

 

4.宇奈月温泉旅館(一部除く)

 

5.宇奈月駅の窓口で前売券を買う
こちらは、乗車日3ヶ月まえから前日の午後5時30分まで
買えます。

 

乗車券は当日、窓口で受け取れます。

終点の欅平までは往復で予約できますが、途中下車の場合は、その駅までの片道切符しか予約できません。

 

ただ、欅平まで行く場合、往復で予約するべきかというと難しいところです。

日程や時間がしっかり決まっていて、欅平での散策時間もはっきりしていれば、ぜひ予約した方が良いです。

でないと、団体客に巻き込まれて、希望の時間に乗れなかったー!
ということにもなりかねません。

その後の新幹線の時間など、次の予定に間に合わないかもという、嫌な汗をかくのが嫌なら、
予約は必須です。

 

特に時間に追われず、帰りは何時でもOK、という場合は、臨機応変に対応するためにも、行きの分だけ片道で予約して、帰りの分は、欅平で当日買うと良いでしょう。

当日の天気次第で、雨なら早めに切り上げるなど、どのあたりまで散策するか決めるということもあるからです。

または、欅平に付いた時点で、今日の散策は1時間くらいにしておこう、など目処がたったなら、散策前に逆算して帰りの切符をあらかじめ買っておくのも良いですよ。

 

黒部峡のトロッコ どの車両がおすすめ?

黒部峡谷鉄道のトロッコには、

・普通客車
・特別客車
・リラックス客車

の3種類があります。

 

違いは、

【普通客車】
1列4人掛けで窓がありません。

背もたれもありません。

でも、夏は爽やかで、トロッコの気分を一番味わえる車両です。

雨の日は濡れるので、雨具があった方が良いです。

そして、真夏以外は、寒いです。

11月はとんでもない寒さです。

特にトンネルの中は夏でも肌寒いので、1枚上着があった方が良いですよ。

 

【特別客車】
固定式の座席が向かい合わせになっています。

背もたれ付きで、1列に1席+2席+補助席の4人掛けです。

開閉式の窓があるので、雨の日や寒い時は安心です。

370円の追加料金がかかります。(子供同額)

 

【リラックス客車】
座席の向きを進行方向に変えられます。

窓と背もたれもあり、1席+2席の3人掛けです。

補助席がない分通路があるので、移動がしやすかったり、ベビーカーなど荷物を乗せやすいです。

530円の追加料金がかかります。(子供同額)

 

 

座る時は、進行方向右側が景色がよく見えて良いですよ。

予約をするなら、行きは普通客車にして、帰りは疲れるので背もたれ付きの特別客車かリラックス客車にするのがオススメです。

 

夏でも寒く感じる時があるので、1枚羽織れるものを持って行ってください。

トンネルの中は結構寒いです。

以前、秋に普通客車に乗った時は、真冬の装備でも寒かったです。

特に、秋は帰りが遅くなると真っ暗で、本当に寒いので、特別客車かリラックス客車にぜひしてください。

ちなみに、どの客車にもトイレはありません。


スポンサーリンク

黒部峡谷のトロッコ 見どころは?

観光客向けの駅は、釣鐘駅と欅平駅ですが、見どころが多くておすすめなのは、欅平駅です。

欅平駅までは宇奈月駅から約80分です。

 

欅平駅からは遊歩道があり、駅からすぐ(約5分)のところに足湯のある河原展望台があります。

絶好の撮影ポイントです。

 

さらに5分で奥鐘橋を渡ると、岸壁をえぐりとって作られた迫力のある人喰岩があります。

ここも、ぜひ通ってみてください。

そこから更に約10分で、名剣温泉です。

名剣温泉は、日帰り入浴が可能で、露天風呂があります。(男女別)

単純硫黄泉で、こじんまりとしています。

宿泊と休憩ができます。

名剣温泉予約事務所
富山県黒部市犬山198-1
TEL 0765-52-1355
FAX 0765-52-3334

日帰り風呂は、混雑している時は一度に入りきれないので、お風呂があくまで順番待ちの時があります。

 

名剣温泉からさらに奥に進むと(約35分)祖母谷温泉があります。

時間と足に余裕があったら、ぜひ、行ってみてください。

祖母谷温泉は、源泉で単純硫黄泉です。

こちらも露天風呂があります。(男女別)

宿泊・休憩もできますが、名剣温泉と違って、宿ではなく山小屋で、秘湯感はこちらの方があるかもしれません。

山小屋祖母谷温泉
0765-62-1038

 

欅平駅には、食堂と売店もあります。

夏でも、欅平は結構涼しいので、長袖の羽織れるものを持って行くと良いですよ。

秋は、冬くらいのつもりで準備していってください。

遊歩道は整備されていますが、スニーカーなど歩きやすい靴を履いた方が安心です。

 

おわりに

大自然を満喫できる黒部峡谷のトロッコ。

楽しんでくださいね。

終点の欅平までは長いので、宇奈月駅でトイレはしっかり済ませましょう。

スポンサーリンク