いろとりどり

日常のふとした疑問、気になることなど、いろとりどりな話題を集めました

美容・健康

経口補水液とスポーツ飲料の違いは?作り方と保存、飲み方は?

投稿日:2015年8月25日 更新日:

水分補給

暑い夏以外でも、
年がら年中気をつけたい「熱中症」。

運動会の練習や部活の最中に
熱中症になったというニュースも
よく聞きます。

そして、脱数症状の一歩手前、
自分でも気が付かないうちに
体の水分が少なくなっている
怖い「かくれ脱水」。

そんないざという時のためにも
知っておきたい経口補水液と
スポーツ飲料(スポーツドリンク)
との違い、経口補水液の自宅での
作り方と保存、飲み方について、
ご紹介します。

スポンサードリンク

経口補水液とスポーツ飲料の違いは?

熱中症による脱水状態の対策として、
話題の経口補水液

ノロウイルスなど下痢や嘔吐などの
症状が出る病気の時にも
重宝します。

では、普段から経口補水液を
飲めばいいじゃない!
と思ってしまいますが、
ごくごく飲めるスポーツ飲料とは
ちょっと違いがあるんです。

 

経口補水液もスポーツ飲料も、
材料は水分、塩分、糖分です。

何が違うかというと、

 

【経口補水液】

・塩分多めで糖分少なめ

・風邪や胃腸炎など、
発熱による激しい発汗や
下痢、嘔吐に伴う脱水状態の時の
水分・電解質(塩分など)補給に
適しています。

軽度から中度の脱水状態の時の
病者用食品と言われています。

特に、乳幼児や高齢者は、
脱水症状になりやすく危険なので、
病院から勧められることも
よくあります。

大塚製薬の「OS-1」が
市販されている経口補水液です。

 

【スポーツ飲料】

・塩分少なめで糖分多め

・普段の運動で汗で失われた
水分とミネラルを適度に
補給するのに適しています。

糖分が多いため飲みやすいですが、
飲み過ぎると糖分過多になるので、
薄めて飲むのがおすすめです。

 

スポーツ飲料は脱水症状になる前、
ならないように飲むものなので、
下痢や嘔吐などで
脱水状態になってしまったら、
塩分などの電解質が足りません。

経口補水液は小腸で吸収されやすい
浸透圧になるように、
塩分と糖分が一定の割合で
溶かしてあるので、
水分や電解質をちゃんと摂ることが
できます。

 

飲みやすくするため糖分多めの
スポーツ飲料に比べて、
経口補水液は塩分が多いため、
あまり美味しいとは言えません。

ただ、脱水症状で体に水分が
足りていないと、
美味しく感じることが
あるようです。

 

経口補水液の作り方と保存はできる?

経口補水液は市販の「OS-1」の他に、
自分で手軽に作ることができます。

 

【経口補水液の作り方】
水・・・1リットル
砂糖・・・大さじ4と1/2(40g)
塩・・・小さじ1/2(3g)
レモン汁・・・大さじ1

全部混ぜます。

 

レモン汁を入れた方が、
飲みやすいものになります。

ライムやグレープフルーツも
おすすめですよ。

砂糖をはちみつに替えても
OKです。
その場合は、量を少し控えめにすると、
甘くなりすぎません。

 

作った経口補水液の保存ですが、
もちろん保存料無添加なので、
長持ちしません。

冷蔵庫に入れ、作ったその日のうちに、
飲み切るようにしてください。

ペットボトルで作った場合は、
出来れば直接口をつけず、
コップなどにうつして飲むように
してくださいね。

 


スポンサードリンク

経口補水液の飲み方は?

汗をかいた時など、
お茶やスポーツ飲料をついつい
ガブガブっと一気飲みして
しまいがちですが、
おすすめできません。

喉の渇きがあまり癒えた感じが
しない上に、
胃腸に負担がかかります。
特に冷たいものは、
体調不良の原因にもなります。

下痢や嘔吐の時は、
症状が悪化することもあります。

 

なので、経口補水液を飲む時は、
少しずつ口に含み、
ゆっくり飲み込みます。

そして、一度にたくさんの量を
飲まないで、時間をかけて
ゆっくり少しずつ、
こまめに飲むようにしてください。

 

また、経口補水液は塩分が多いので、
健康な状態での飲み過ぎや、
高血圧、腎臓疾患、心臓疾患の
ある人は注意が必要です。

 

おわりに

命にもかかわるとっても怖い
熱中症や脱水症状。

普段からこまめな水分補給を心がけ、
もし、なってしまった時は、
経口補水液をぜひ活用してくださいね。

スポンサードリンク

-美容・健康
-,

執筆者:

関連記事

花粉症で目がかゆい時の対策は?コンタクトはしても大丈夫?

  花粉症の時期に目がかゆくてかゆくて、 スポンサードリンク もう取り出して洗いたい! と思うことないですか? こすりすぎて痛くなったり、充血して真っ赤になったり、 目が腫れちゃったり、目や …

プール熱

プール熱は大人もなる?予防法は?一度かかるともうならないの?

夏風邪の定番、『プール熱』。 アデノウイルスが原因の病気で、 正式名は咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)といいます。 スポンサードリンク 『プール熱』の名の通り、プールで感染することが多いため、 子供 …

お風呂

お風呂でのぼせた時の対処方法は?原因とのぼせない方法はこれ!

お風呂でのぼせたことは ありませんか? お風呂から出た途端に、 クラっとしたり、 気持ちが悪くなったり・・・。 そんなふうになってしまった時、 どのようにしたら良いのでしょうか? また、何故のぼせてし …

背中

背中が汚いのはニキビが原因?治し方とおすすめのケア用品2種!

これからどんどん薄着になる季節、 襟周りが大きく開いた服を着る機会も 増えますよね。 でも、背中が汚いかも・・・と気になってる人も多いのでは? 背中がちらりともでも見える服は ちょっと敬遠しがちです。 …

インフルエンザ 予防接種

インフルエンザ予防接種 子供の回数と2回目の間隔、時期は?

毎年必ずと言っていいほど流行る インフルエンザ。 冬の流行が多いですが、 最近は春まで続いたり、 秋口から流行りだしたりと 油断できません。 スポンサードリンク 念の為にインフルエンザの予防接種を す …