手続き

生活

国民年金 学生納付特例制度の申請書と更新、就職後の手続きはどうすればいい?

日本に居住していて、20歳になった人は、国民年金第1号の加入手続きをして毎月保険料を納めることが必要になります。 しかし、大学や専門学校などに通っている学生さんは 収入のないことがほとんどなので、 保険料を支払っていくのは難しいのではないでしょうか。 そのような場合の救済措置として設けられているのが 「学生納付特例制度」です。 「学生納付特例制度」を申請すると、 国民年金保険の納付を 猶予してもらうことができます。 そこで、学生納付特例制度の申請と更新についてや、 学生納付特例制度を利用していた場合の 就職後の手続きについて、 ご紹介していきます。
生活

国民年金は20歳から 学生はいつから?親が払う?学生納付特例制度の追納とは?

日本に居住している20歳以上、60歳未満の人は、 国民年金の被保険者となります。 それは、たとえ学生であっても例外ではありません。 20歳になれば国民年金第1号の加入手続きをして 毎月保険料を納めることが必要です。 現在の保険料は月額1万6000円弱ですが、 大学や専門学校などに通っている収入のない学生さんは、 保険料を支払うのが困難ですよね。 「学生の場合、国民年金の支払いは免除されるの?」 ここではそんな疑問を解決するべく、 国民年金保険料の支払いに関してや、 学生納付特例制度についてを ご紹介していきます。
2018.05.31